Be my love(ビー・マイ・ラブ)

LINEで送る


1950年のアメリカ)映画「The Toast Of New Orleans」の挿入歌です。
日本では未公開ですが、オペラ系のお話らしいです。
映画の歌唱は、テノーレ歌手マリオ・ランザ。当時、全米チャート1位に輝きました。
日本では、山下達郎氏がお歌いになられています。

Be my love,
 恋人になってください
for no one else can end this yearning
この憧れを終わらせるためにも
This need that you and you alone create
あなたでなければダメなんです
Just fill my arms the way you’ve filled my dreams
私の胸はいっぱいです。
あなたへの思いでいっぱいです
The dreams that you inspire with ev’ry sweet desire
あなたへの恋心で満たされています
Be my love,
恋人になってください
and with your kisses set me burning
あなたのキスが私を高ぶらせます
One kiss is all I need to seal my fate
私の望みは、あなたのキスだけ。
And hand in hand, we’ll find love’s promised land
そして、二人で一緒に未来を作っていきましょう
There’ll be no one but you, for me eternally
私にはあなたしかいない、永遠に。
If you will be my love
もしもあなたが私の恋人になってくれるなら。
(コーラス)
「②」と同じ(省略の場合あり)
Be my love,
恋人になってください
and with your kisses set me burning
あなたのキスが私を高ぶらせます
One kiss is all I need to seal my fate
私の望みは、あなたのキスだけ。
「③」と同じ
And hand in hand, we’ll find love’s promised land
そして、二人で一緒に未来を作っていきましょう
There’ll be no one but you, for me eternally
私にはあなたしかいない、永遠に。
If you will be my love
もしもあなたが私の恋人になってくれるなら。
以上です (^^♪

 

LINEで送る

カテゴリーPops