My Way(マイ・ウェイ)

LINEで送る

フランク・シナトラのポピュラー・ソング。作詞はポール・アンカ、作曲はクロード・フランソワ、ジャック・ルヴォー(英語版)。原曲は1967年のクロード・フランソワのフランス語の歌「Comme d’habitude」(作詞:クロード・フランソワ、ジル・ティボ 作曲:クロード・フランソワ、ジャック・ルヴォー)で、ポール・アンカが新たに英語の詞を書き、1969年にフランク・シナトラのシングル及び同名のアルバムとして発売された。後にエルヴィス・プレスリーはじめ多くの歌手によりカバーされ、カバーされた回数が史上第2位の曲(第1位はビートルズの「イエスタデイ」)だと言われている。
And now, the end is near
こうして今 終わりの時を迎え
And so I face the final curtain
俺は終幕へと立ち向かう
I’ll state my case, of which I’m certain
友よ 俺ははっきり言える、確信を持って 俺の生涯を伝えることができるんだ
I’ve lived a life that’s full
満ち溢れた人生を生きてきた
I traveled each and ev’ry highway
ひとつひとつの道を旅してきた
And more, much more than this, I did it my way
そして 何よりずっと 自分の道を生きてきたんだ
Regrets, I’ve had a few
後悔…少しはあるさ
But then again, too few to mention
だがそれは 言葉にするには あまりに些細なことだ
I did what I had to do , I saw it through without exemption
常に残らず やるべきことをやり 経験した
I planned each charted course, each careful step along the highway
計画を立て その都度 進むべき道を決め 抜け道に沿って注意深く進んできた
And more, much more than this, I did it my way
そして 何よりずっと 自分の道を生きてきたんだ
Yes, there were times, I’m sure you knew
そうだな 時には おまえも知ってるはずだ―
When I bit off more than I could chew
無理をして背伸びした時があったさ
And through it all, when there was doubt
だが 自信のない時だって それもすべて切り抜けてきた
I ate it up and spit it out
飲み込んでは 吐き出し
I faced it all and I stood tall and did it my way
すべてありのままを受け入れ 自信を持って立ち向かい 自分の道を生きてきたんだ
I’ve loved, I’ve laughed and cried
恋をして 笑い そして 涙した
I’ve had my fill, my share of losing
  欲しいものを手にしたし 敗北する側にも立った
And now, as tears subside, I find it all so amusing
今はもう 涙はおさまり とてもおもしろいものだとわかったよ
To think I did all that
自らのしてきたことを考えてみるんだ
And may I say, not in a shy way,
すると 言ってもいいかな? 躊躇っている場合じゃないと
“Oh, no, oh, no, not me, I did it my way”
ああ いや 俺は違うさ 俺はただ 自分の道を生きてきたんだ
For what is a man, what has he got?
人とは何なのか 手に入れたのは何なのかと問われれば
If not himself, then he has naught
俺じゃなくても 結局 持ってるものなど何もない
The right to say the things he feels and not the words of one who kneels
感じたままに言ってるんだ 跪いてきた人間の言葉じゃない
The record shows I took the blows and did it my way!
痛い目にも遭ったが 俺が自分の道を生きてきたことは 人生の記録が証明している
“Yes, it was my way”
そうさ それが 俺の道なんだ
以上です (^^♪
LINEで送る

カテゴリーPops