15.日時・曜日・季節の表現

LINEで送る

15-1.時刻の表現
~時 「le(ore) + 基数詞」で表現しますが、ore「時」は普通省略されます。
ただし、「1時」は普通l’unaと表現します。
Sono le due. 2時です。 E’ l’una. 1時です。
尚、mezzogiorno「正午」、mezzanotte「午前0時」も時刻の表現として
よく用いられます。
E’ mezzogiono(mezzanotte). 正午(午前0時)です。
~時~分過ぎ 「le + 基数詞(時) + e + 基数詞(分)」で表現します。
Sono le tre e venti. 3時20分です。
~時~分前 「le + 基数詞(時) + meno + 基数詞(分)」で表現します。
Sono le cinque meno dieci. 5時10分前です。
15分 un quarto「4分の1」で表現できます。
E’ l’una e’ un quarto.     (= quindici) 1時15分です。
30分 mezzo(またはmezza)「半分」で表現できます。
Sono le quattoro e mezzo. (= trenta) 4時半です。
45分 tre quarti「4分の3」で表現できます。
Sono le sette e tre quarti. (= quarantacinque) 7時45分です。
~時~分に 時刻の前に前置詞aを付けて表現します。
La partita comincia alle due a mezza. 試合は2時半に始まります。
午前 時刻の後にdi mattina「午前の」を付けて表現できます。
Parto alle otto di mattina. 私は午前8時に出発します。
午後 時刻の後にdi pomeriggio、di seraを付けて表現できます。
Maria arriva alle sei di sera. マリーアは午後6時に到着します。
アラビア数字を用いて時刻を表現する場合、時と分の間にピリオドまたはコンマ
を打ちます。
l’1.15 1時15分 le 12,30 12時30分
18-2.日付・曜日・季節などの表現
1)「~日」は「il(l’) + 基数詞」で表しますが、「1日」は序数詞を用います。
尚、男性定冠詞が用いられるのはgiornoがその後に省略されているためで、
省略しないこともあります。
il giorno 5(cinque)  =  il 5(cinque) 5日
il primo 1日 l’otto 8日
2)「~月~日」は「il(l’) + 基数詞 + 月名」で表します。
il 20(venti) maggio 5月20日
12か月の名称(いずれも男性名詞)
gennaio 1月 luglio 7月
febbraio 2月 agosto 8月
marzo 3月 settembre 9月
april 4月 ottobre 10月
maggio 5月 novembre 11月
giugno 6月 dicembre 12月
3)「~年」は「il(l’) + 基数詞」で表しますが、「l’anno + 基数詞」とすることもあります。
「~年~月~日」は「il(l’) + 日 + 月 + 年」で表現します。
l’ anno 1000(mille)  =  il 1000(mille) 西暦1000年
il 15(quindici) april 1905(millenovecentocinque) 1905年4月15日
4)「~年に」は「nel(nell’) + 基数詞」、「~月に」は「in(またはa) + 月名」
で表現しますが、「(~年~月)~日に」は前置詞を用いず表現します。
Il lavoro deve terminare nel 2020(duemilaventi).
→ 作業は2020年に終了しなくてはならない。
Il corso ricomincia in(またはa) settembre.
→ 講義は9月に再開されます。
Arrivo il 10 (dieci) marzo. 私は3月10日に到着します。
5)曜日の表し方
曜日の名称(「日曜日」のみ女性名詞、他は男性名詞)
lunedi 月曜日 venerdi 金曜日
martedi 火曜日 sabato 土曜日
mercoledi 水曜日 domenica 日曜日
giovedi 木曜日
曜日名は普通無冠詞で、また「~曜日に」も前置詞なしで表現されます。
ただし、「定冠詞 + 曜日名」は「毎週~曜日に」の意味で用いられます。
Oggi e’ lunedi.  Omani e’ domenica.
→ 今日は月曜日です。 明日は火曜日です。
Torno a casa giovedi. 私は木曜日に帰宅します。
Non lavorano il sabato. 彼らは毎週土曜日には仕事をしません。
6)季節の表し方
四季の名称「春」「夏」は女性名詞、他は男性名詞
primavera autunno
estate inverno
「~(季節)に」は(in(またはdi) + 季節名」で表現します。
Ritornano in autunno. 彼らは秋に戻ってきます。
7)その他の時間的な事柄
mattina mattinata 午前
mezzogiorno 昼(正午) giorno, giornata 昼間
sera 夕方 pomeriggio 午後
sera, notte
mattina presto, di buonora 早朝
piena notte, notte fonda 真夜中
oggi 今日 dopodomani 明後日
ieri 昨日 l’altro ieri 一昨日
domani 明日 fine-settimana 週末
8)現在からみて「この次の~(曜日・週・月・季節・年)」は形容詞prossimoを用い、
「この前の~」は形容詞scorsoを用いて普通表現されます。
尚、現在の週・月・年などを表すのには指示形容詞questoが用いられます。
lunedi prossimo 来週の月曜日
la settimana prossima 来週
lestate scorsa 去年の夏
l’anno scorso 去年
questo mese 今月
questa mattina 今朝
LINEで送る