19.代名詞的小辞と目的語代名詞の複合形

LINEで送る

【基本例文】
A. Mi dai il tuo indirizzo? (私に)君の住所を教えてくれる?
Si, te lo do subito. うん、(君にそれを)すぐ教えよう。
Posso prendere queste riviste? これらの雑誌を持っていってもいいですか?
Gliele restituisco la prossima settimana. 来週(あなたにそれらを)お返ししますので。
B. Luca, vieni alla festa di domani? ルーカ、明日のパーティーに来るかい?
Certo. Ci vengo anch’io. もちろん、僕も(そこに)行くよ。
Vuoi vendere tutti questi film? 君はこれらの映画を全部観たいの?
No, voglio vederne solo due. いや、(それらについて)2本だけ観たいんだ。
23-1.代名詞的小辞(ci、vi、ne)
◆ciの用法
「a(in,su,di) + 名詞・代名詞・不定詞・節など」を示します。
Lui riesce a distinguere le differenze, ma io non ci riesco.
→彼には違いが識別できるが、私にはできない。 (ci = a distinguere le differenze)
Io credo nel futuro.  E tu ci credi?
→私は未来を信じます。 君は信じますか? (ci = nel futuro)
Io non ci capisco nulla.
→私はそれについて全く理解できません。 (ci = di cio)
◆viの用法
基本的にはciと同じ働きをしますが、ciより文語的です。
Vi sono molte specie di piante in giardino.
→庭には多くの種類の植物があります。
◆neの用法
数量表現を伴い、名詞に代わります。
Quanti anni hai?  Ne ho venti. お年はいくつですか? 20歳です。
Hai molti soldi?  No,ne ho pochi. 君にはたくさんお金がある。 いいや、少ししかない。
23-2.目的語代名詞の複合形
非強勢の直接目的語代名詞3人称(代名詞的小辞neを含む)と間接目的語代名詞
(代名詞的小辞ci・viを含む)が文中で同時に用いられる場合、その語順は
「間接目的語 +直接目的語」となります。
この時、間接目的語代名詞の語尾がかきのひょうのように少し変わるので注意してください。
また、間接目的語が3人称単数の場合、2つの代名詞は切れ目なしに綴ります。
直接目的語
lo la li le ne
間接目的語 mi me lo me la me li me le me ne
ti te lo te la te li te le te ne
gli,le glielo gliela glieli gliele gliene
ci ce lo ce la ce li ce le ce ne
vi ve lo ve la ve li ve le ve ne
glie-で始まる結合形は文脈により様々な意味に用いられるので(「彼に、彼女に、あなたに、彼らに」)
注意してください。
また、他の複合形も動詞の後に続く場合は、-meloのように切れ目なしに綴られます。
Ecco la foto.  Gliela regalo. ほろ、その写真です。 あなたにそれをプレゼントします。
Se tu non lo dici a Mario, glielo dico io. もし君がマーリオに言わないなら、私が彼にそれを言います。
Puoi presentarmela?  Si, te la presento volentieri.
→私に彼女を紹介してくれますか?  ええ、喜んで君に彼女を紹介します。
LINEで送る