14.不定代名詞と不定形容詞

LINEで送る

16-1.不定代名詞
不特定の人や物を示す不定代名詞には次のようなものがあります。
uno(a) 「ある人」、「あるもの」(単数形のみ)
Uno dice cosi. ある人はこう言っている。
uno di questi giorni 近日中

ognuno(a) 「各人」(単数形のみ)
Ognuno ha I suoi doveri. 人はそれぞれ自分の義務を持っている。

Qualcuno(a) 「誰か」、「どれか」、「いくつか」(単数形のみ)
C’e’ qualcuno? どなたかいますか?
Voglio qualcuna di queste riviste. こちらの雑誌の内いくつかが欲しい。

chiunque 「誰でも」(不変化、男性単数扱い)
Chiunque puo entrare. 誰でも入れます。
Ada parla con chiunque. アーダは誰とでも話す。

qualcosa 「何か」(不変化、男性単数扱い)
Cercate qualcosa? 君たちは何か探しているのですか?
Vuoi qualcosa da bere? 何か飲むものが欲しい?

niente 「何も~ない」(いづれも不変化、男性単数扱い)
nulla Non c’e’ niente. 何もありません。
Non sento nulla. 私は何も感じません。

16-2.不定形容詞
不定形容詞は、名詞の量や質に関して何らかの意味を表す形容詞です。
不定形容詞には形の上でも用法の上でも様々なものがありますが、語形変化をせず単数名詞を
伴って用いられるものを記します。
これらは普通冠詞を伴わず、名詞の前に置いて用いられます。
ogni 「それぞれの」、「毎~」、「各~」
ogni giorno 毎日 ogni persona 各人
Ogni uomo e’ diverso. 人はみな違う

qualche 「いくらかの」、「何人かの」(この用法では意味的には複数を表す)
Ci vuole qualche ora. 何時間か必要です。
Conosci qualche professore d’italiano? 誰かイタリア語の先生を知っている?

qualsiasi 「いかなる~でも」
qualunque Per me va bene qualsiasi cosa.] 私なら何でも結構です。
Puoi chiamarmi in qualunque momento. 君はいつでも私を呼び出してくれてもいいですよ。

16-3.両方の用法があるもの
不定代名詞としても不定形容詞として用いられ、数量・程度を表す語について以下に記します。
これらの語は、修飾あるいは指示する名詞の性・数に応じて、品質形容詞と同様に語尾変化をします。
また、副詞として用いられる場合は、語尾変化をしません。
molto 《形容詞》「多くの」
C’e’ molto gente.
Non ho molti libri.
《代名詞》「多くのもの」、「多くの人」
Ho molto da fare.
molti del miei amici.
《副詞》「大いに」
Maria lavora molto. E’ molto simpatica.

tanto 《形容詞》「多くの」
Ho tanto sonno.
《代名詞》「多くのもの」、「多くの人」
Tante di quete storie sono vere.
《副詞》「大いに」
Ti ringrazio.

poco 《形容詞》「わずかな」
Ho poco tempo.
Ha pochi parenti.
《代名詞》「わずかなもの」、「わずかな人」
C’e’ poco da fare.
《副詞》「わずかに」
Parla poco.
E’ poco interessante.
以上見たpocoが「少ししかない」と否定的な意味で用いられるのに対し、un poco(= un po’)、
「un po’ di + 名詞」は「少しならある」と肯定的な意味で用いられる表現です。
Ho un po’ di tempo.
Parla italiano un po’.

troppo 《形容詞》「あまりに多くの」
C’e’ troppa gente.
《代名詞》「あまりに多くのもの」、「あまりに多くの人」
Stamo in troppi.
《副詞》「あまりに」、「適度に」
Tu bevi troppo.
E’ troppo tardi.

alcuno 《形容詞》単数形(不定冠詞と同じ語尾変化)で、否定表現を伴い「いかなる~もない」
alcuni   複数形で「何人かの」、「いくつかの」
alcune Non ho alcun dubbio. 私は何の疑いも持っていない。
Vengono alcuni miei allievi. 私の生徒たちが何人か来ます。
《代名詞》(複数形で)「何人かの」、「いくつかのもの」
Alcuni sono d’accordo. 何人かの人は賛同している。
Voglio tradurre alcune di queste poesie. これらの詩の内何篇かを訳してみたい。

ciascuno (単数形のみ)《形容詞》不定冠詞と同じ語尾変化をして「それぞれの」(= ogni)
Rispondo a ciacuna lettera. 私は1通1通の手紙に返事を出します。
《代名詞》女性形はciascunaで「それぞれ」
Ciascuno ha il proprio compito. 各人がそれぞれの任務を有している。

nessuno (単数形のみ)《形容詞》(不定冠詞と同じ語尾変化)「いかなる~も・・・ない」
Non mi aiuta nessun collega. (= Nessun collega mi aiuta.)
→ 同僚の誰一人として私を助けてくれない。
《代名詞》「誰も~ない」、「どれも~ない」

Non c’e’nessuno. (= Nessuno c’e’) 誰もいません。
Non conosco nessuna di queste lingue. これらの言語のどれも私は知りません。

tutto (性・数に応じ-o,-I,-a,-eと語尾変化)
《形容詞》(普通「tutto + 定冠詞 +名詞」の形で)「全部の」、「すべての」
tutto il giorno 一日中 tutti I giorni 毎日
tutta la class クラス中 tutte le classi 全クラス
Tutte le strade portano a Romna. 全ての道はローマに通ず。
尚、「tutti + 数詞 + 定冠詞 + 複数名詞」で、「何人の人(いくつもの)全て」
を意味します。
Stanno bene tutti e tre I fratelli. 兄弟3人ともみな元気です。
《代名詞》(単数形で)「全部」、(複数形で)「全ての人(もの)」
Tutto e’ pronto. 全て準備ができている。
Tutti sono pronti. 全員準備ができている。

altro (性・数に応じ-o,-I,-a,-eと語尾変化)
《形容詞》「他の」、「別の」
Vuole un altro bicchiere di vino? ワインをもう一杯いかがですか?
in altro parole. (別の言葉で言えば)
《代名詞》「他の人(物)」
Non mi piace questo. Volgio vederne un altro.
→ これは気に入らない。 別のものを見てみたい。
Devi pensare agli altri, non solo a te.
→ 君は自分のことだけでなく、他人のことも考えるべきだ。

certo (性・数に応じ-o,-I,-a,-eと語尾変化)
《形容詞》(名詞の前に置いて)「ある~」、「いくらかの」、「何人かの」
Esco con certi amici. 私は何人かの友人と出かける。
《代名詞》(複数で)「何人かの人」、「いくつかのもの」
Certi dicono di no. 何人かの人たちは違うと言う。

tale (複数形はteli)《形容詞》「そのような」、「~とかいう」
Non posso accettare tali condizioni. そのような条件を受けいるわけにはいきません。
un tale signor Rossi. ロッシさんとかいう人
《代名詞》(不定冠詞の後で)「ある人」
una tale con gli occhiali 眼鏡をかけた誰か女の人

LINEで送る