Hard To Say I’m Sorry(素直になれなくて)

LINEで送る

Chicago
「素直になれなくて」(Hard to Say I’m Sorry)は、アメリカのロックバンドであるシカゴが1982年に発表した楽曲で、代表曲のひとつ。バンドメンバーのピーター・セテラとプロデューサーのデイヴィッド・フォスターが制作した。同年、全米シングルチャートで2週間1位を記録した[1]。なお、アルバム『ラヴ・ミー・トゥモロウ(シカゴ16)』に収録されている。
Everybody needs a little time away
誰しも少しの間、間をおく事は必要だわ
I heard her say from each other
彼女の口から
Even lover’s need a holiday
Far away from each other
恋人もお互い離れて休息が必要なのと
Hold me now
抱きしめて
It’s hard for me to say I’m sorry
「ごめんね」が言いだせなくて
I just want you to stay
君にそばにいて欲しいだけなんだ
After all that we’ve been through
結局色々あったけど
I will make it up to you, I promise to
償うよ、約束する
And after all that’s been said and done
色々君を傷つけたこと
You’re just the part of me
君はもう僕の一部なんだ
I can’t let go
離れないで
Couldn’t stand to be kept away
Just for the day from your body
1日だって離れてjはいられない
Wouldn’t wanna be swept away
ホントに愛した人とこんな形に
Far away from the one that I love
なりたくないんだよ
(②と似ている)
Hold me now
抱きしめてほしい
It’s hard for me to say I’m sorry
「ごめんね」の一言が切出せなくて
I just want you to know
君を行かせるなんてできないよ
(②、⑤と似ている)
Hold me now
抱いてくれる?
I really want to tell you I’m sorry
素直になれなくて
I could never let you go
そばにいてほしいんだ
⑦(③) After all that we’ve been through
今まで、あった事全て
I will make it up to you,I promise to
埋め合わせする、きっとだよ
And after all that’s been said and done
色々辛い思いをさせたね
You’re just the part of me
離れられないんだ
I can’t let go
行かせたくない
After all that we’ve been through
今まであった事
I will make it up to you, I promise to
見ていてほしい、誓うよ
(間奏)
You’re gonna be the lucky one
決して失望させないよ
以上です (^^♪
LINEで送る

カテゴリーPops