シバの女王

LINEで送る

シバ(フランス語ではサバ)とは旧約聖書に出てくるアラビア半島南西部の国ですが,聖書以外には記述がなく,幻想の国,楽園の国のようです.フランスの歌手ミシェル・ローランの原曲(1967)では,「君は僕のシバの女王,どうか戻って君の国を築いておくれ...」と歌って,愛する女性をシバの女王になぞらえています.
日本語バージョンでは、尾崎紀世彦さんが歌っています。
あなたゆえ狂おしく
乱れた私の心よ
惑わされ 背(そむ)かれて
とまどう愛の幻
私はあなたの愛の奴隷
生命(いのち)も真心も
あげていたいの
あなたがいないと
生きる力も
失われてゆく 砂時計
思い出は遠すぎて
涙は今日も頬ぬらす
悲しみを連れながら
歩けば 影も重たい
私はあなたの愛の奴隷
たとえ嫌われても
愛しているわ
けれどもあなたが
帰る望みは
失われてゆく 砂時計
以上です (^^♪
LINEで送る