Love Story(ある愛の詩)

LINEで送る

『ある愛の詩』(あるあいのうた、英: Love Story)は、1970年のアメリカ映画。恋愛映画。
エリック・シーガルによる同名の小説を原作とする。ただし、未完の小説を原作として映画の製作が始まり、小説と映画が同時進行で作られた。先に映画が完成し、映画の脚本を基に小説が執筆された部分もある。先に発表されたのは小説であり、その数週間後に映画が公開された。
続編に、『続ある愛の詩』(Oliver’s Story, 1978年)がある。
アカデミー作曲賞(フランシス・レイ)を受賞した他、複数の部門でアカデミーにノミネート及びゴールデングローブ賞を受賞している。
日本語バージョンでは。越路吹雪さん、尾崎紀世彦さんらが歌っています。
海よりも 美しい愛があるのを
教えてくれたのは あなた
この深い愛を私は 唄うの
いつかしら 最初に声かけてくれた
あの時あなたは私の 世界に
光と命を 与えた
大きな その不思議な 力で
心みたし 愛して くれたの
私はもう 怖くない
あなたの いる方へ
手を出せば 届くから
もう何も この世で欲しいものはない
美しい愛は続くの
星が夜空に燃え尽きる 時まで
(③と同じだが、省略される場合あり)
もうなにも この世で欲しい物はない
美しい愛は続くの
星が夜空に燃え尽きる 時まで
以上です (^^♪
LINEで送る