Mattinata(マティナータ)

LINEで送る

Luciano Pavalotti
Mattinata(マッティナータ)はルッジェーロ・レオンカヴァッロ(Ruggero Leoncavallo, 1857年~1919年)によって1904年に作詩、作曲されました。
Mattinataは日本では「朝の歌」とも訳されます。
朝に男性が、愛する女性の住む家の窓の下で愛を歌い、演奏する曲のことをイタリア語で「Mattinata(マッティナータ)」と呼びます。
逆に夜に愛を歌うものを「Serenata(セレナータ)」と呼びます。
L’aurora di bianco vestita
白い衣装をまとった暁は
Già l’uscio dischiude al gran sol;
すでにドアを大きな太陽に開いている
Di già con le rosee sue dita
すでにバラ色のその指で
Carezza de’ fiori lo stuol!
花々の群れを愛撫している!
Commosso da un fremito arcano
神秘的な身震いによって 心を動かされた
Intorno il creato già par;
神羅万象の周りのものは もはやそう思われる
E tu non ti desti, ed invano
しかし君は目を覚まさない、そして無駄に
Mi sto qui dolente a cantar.
私はじっとここで悲しげに歌うのみ。
Metti anche tu la veste bianca
君もまた白い衣装を身につけなさい
E schiudi l’uscio al tuo cantor!
そして君の歌人にドアを開きなさい!
Ove non sei la luce manca;
君のいないところに光はなく
Ove tu sei nasce l’amor.
君のいるところに愛は生まれる。
【辞書】
aurora/夜明けの光、暁
di/~の
bianco/白い
vestito/衣服、衣装
già/すでに
uscio/ドア
dischiudere/開く、広げる
al/a+il
grande/大きい
sole/太陽
di già/すでに
con/~と共に、~を使って
rosa/バラ
sue/彼の、彼女の、それの
dito/指
carezzare/愛撫する、優しく触る
fiore/花
stuol/群れ
commosso/心を動かされた
da/~によって
fremito/身震い、ざわめき
arcano/神秘的な
intorno/周りの
creato/髪により創造された宇宙、神羅万象
parere/~のように見える
e/そして、しかし
tu/君は
non/~ない
destarsi/目を覚ます
ed/そして
invano/無駄に、むなしく
starsi/じっとしている
qui/ここで
dolente/悲痛な、悲しげな
cantare/歌う
mettere/着る、身につける
anche/~もまた
veste/衣服、衣装
schiudere/開く、広げる
tuo/君の
cantore/歌人、詩人
ove/~のところへ
sei=essere/(英:be動詞)
luce/光
manco/不足
nascere/生まれる
amore/愛
以上です (^^♪
LINEで送る