I Get a Kick out of You(君にこそ心ときめく)

LINEで送る

  Frank Sinatra
   
  この曲は、アメリカの偉大なコンポウザー、コール・ポーターが1934年に自ら
制作したブロードウェイ・ミュージカルの『Anything Goes』の劇中に歌う
挿入歌として作った曲で作詞もしています。
「Anything Goes」の初演では、エセル・マーマンが歌いました。
同じ「Anything Goes」のタイトルで2度映画化されています。
コール・ポーターは、自らミュージカルの制作を行い、演出や音楽監督を行い、
そのミュージカルで使う曲をたくさん書きました。
コール・ポーターは、ミュージカルや映画音楽の分野で、現在スタンダード・
ナンバーと云われる曲を多く残しています。
   
(語り、省略の場合あり)
  My story is much too sad to be told
  僕の人生は 話すには あまりにも悲しすぎる
  But practically everything leaves me totally cold
  実際 すべての事が 殆どまったくもって つまらない
  The only exception I know is the case
  だが 僕が思うただ一つの例外は
  When I’m out on a quiet spree 
  むだに退屈な過去と向き合っている時
  Fighting vainly the old ennui
  急に振り向いて君の素敵な顔を見ると
  And I suddenly turn and see your fabulous face
  静かに浮かれ出す事なんだ
   
I get no kick from champagne 
  シャンペンなんか飲んでもどうってことないね
  Mere alcohol doesn’t thrill me, at all
  ただのアルコールでは 全然スリルがない
  So tell me, why should it be true 
  だから教えてほしい なぜ君のことを思うと
  That I get a kick out of you?
  僕の心はドキドキしてくるのだろう
   
  Some, they may go for cocaine 
  コカインに手を出す人もいるけれど
  I’m sure that if I took even one sniff
  たぶん 僕は一嗅ぎしただけで
  It would bore me terri – fically, too 
  そんなのには退屈してしまうと思う
  Yet I get a kick out of you
  僕が本当にときめくのは君だけなんだ
   
  I get a kick every time, I see you standing there before me
  君が前に立っているだけで胸は高鳴る
  I get a kick, though it’s clear to see
  僕なんか目に入ってないことくらい
  you obviously do not adore me
  百も承知なのに胸がドキドキしてる
   
  I get no kick in a plane 
  飛行機に乗って空を飛んだとしても
  Flying too high with some gal in the sky
  それが他の女性と二人きりだとしても
  Is my idea of nothing to do 
  それで心が動くような僕じゃない
  Yet I get a kick,You give me a boot, I get a kick out of you
  なのに君だけには心ときめくんだ
   
  以上です (^^♪
LINEで送る

カテゴリーPops