Caruso(カルーソー)

LINEで送る

Luciano Pavarotti
作曲者のルチオ・ダルラは1943年にボローニャに生まれ、現在はイタリアを代表するシンガー・ソング・ライターとして活躍。毎年イタリアのヒット・チャートを賑わしている。
1966年にサン・レモ音楽祭でデビューし、翌年には同音楽祭で〈君を失った時〉で入賞した他、1971年にもサン・レモにおいて〈みなし児〉で第3位入賞している。
この〈カルーソー〉は1988年に出版された曲で、題名通り、世紀の名歌手のことを歌っている。
歌詞:イタリア語 /作詞作曲:ルチオ・ダルラ(1943-)
Qui dove il mare luccica
クイ ドべ イル マレ ルチカ
美しい海が星々を招き、
E tira forte il vento.
エ ティラ フォルテ イル ベント
強い風が吹いている
Su una vecchia terazza
ス ウナ ベッキア テラッザ
ソレント湾に向いた、
Davanti al golfo di Surriento
ダバンティ アル ゴルフォ ディ スリエント
とある古びたバルコニー
Un uomo abbraccia una ragazza
ウ ノモ アブラッチャ ウナ ラガッツァ
そこで一人の男が娘を抱きしめている
Dopo che aveva pianto
ドポ アベバ ピアント
彼はさめざめと泣いた後
Poi si schiarisce la voce
ポイシ スキアリシェ ラ ボケ
咳払いで声をととのえ
E ricomincia il canto:
エ リコミンチャ イル カント
再び歌を歌い始めた
“Te voglio bene assai
テ ボーリオ ベネ アサイ
僕はあなたが大好きだ、
Ma tanto tanto bene sai.
マ タント タント ベネ サイ
そう、とても、とても好きだ。
E’ una cantena ormai
エ ウナ カンテーナ オルマイ
あなたはその熱い血で、
Che sciogliei sangue di te’ vene sai.”
ケショウイル サングエ ディ テ ベネ サイ
こうして鎖を解き放ってくれる
Vide le luci in mezzo al mare
ビデ レ ルチン メッゾ アル マーレ
海に光る明かりを見て、
Pensò alle notti là in America
ペンソ アリエ ノッティ ラ イナメリカ
アメリカの夜々を思った。
Ma erano solo le lampare
マエラノ ソロ レランパレ
海の光は夜釣りの打瀬網、
La bianca scia di un’elica
ラ ビアンカ シャディ ウネリカ
そしてスクリューの残す白い波跡
Sentì il dolore nella musica
センティ ル ドロレ ネラ ムジカ
彼は音楽に悲しみを感じ、
Si alzò dal pianoforte
シャルゾー ダル ピアノフォルテ
ピアノから立ち上がった、
Ma quando vide uscire la luna da una nuvola
マ クアンド ビデ ラルナ ダ ウナ ヌボラ
けれど雲間に月が現れのを見るうち、
Gli sembrò più dolce anche la morte.
リセンブロ ピウ ドルチェ アンケ ラモルテ
死さえも、何か甘く思えてくる。
Guardo negli occhi la ragazza
グアルド ネリオッキ ララガッツァ
彼は娘の目を見た、
Quegli occhi verdi come il mare,
クエリ オッキ ベルディ コメ イル マーレ
海のように青いその娘の目を。
Poi all’ improvviso uscì una lacrima
ポイ アリンプロビゾ ウキウナ ラクリマ
すると急に涙がこぼれ、
E lui si dette di a sonare:
エ ルイ シ デッテ ディ ア ソナレ
彼はまた歌い始めた
「②」と同じ
“Te voglio bene assai
テ ボーリオ ベネ アサイ
僕はあなたが大好きだ、
Ma tanto tanto bene sai.
マ タント タント ベネ サイ
そう、とても、とても好きだ。
E’ una cantena ormai
エ ウナ カンテーナ オルマイ
あなたはその熱い血で、
Che sciogliei sangue di te’ vene sai.”
ケショウイル サングエ ディ テ ベネ サイ
こうして鎖を解き放ってくれる
Potenza di una lirica
ポテンツァ ディウナ リリカ
不思議な力のあるオペラ、
Dove ogni dramma e un falso
ドベオニ ドラマ エウン ファルソ
オペラは偽りでなるドラマでも
E con un po di trucco e con la mimica
エコンウンポ ディトルッコ エコンラ ミミカ
化粧と演技で
Puoi diventare un altro
プォイ ディヴェンタレウン アルトロ
別人になれる。
Ma due occhi che ti guardano
マ ヂュエ ウッチ ケ ティ ガーダノ
けれど今、こんな近くにひたむきな
Cosi vicini e fermi
コジ ヴィチニ エ フェルミ
彼女の目を見ると、
Ti fan scordare le parole
ティ ファン スコーダーレ レ パローレ
言葉を忘れ思いが乱れ、
Confondono i pensieri,
コンフォンドノ イ ペンシエリ
思いが乱れ
Cosi diventa tutto piccolo
コジ ディベンタ トュット ピッコロ
そして何もかもが
Anche le notti la in America.
アンケ レ ノッティ ラ イン アメリカ
アメリカの夜々さえも小さくなる
Ti volti e vedi la tua vita
ティ ボルティ エ ベディ ラ チュァ ヴィタ
彼は振り返り、スクリューの波後のような
Come la scia d’un’elica
コメ ラ シア ヂュンエリカ
過ぎた人生を思う
Ma si e la vita che finisce
マ シ エ ラ ヴィタ ケ フィニシェ
それは紛れもなく終わりのある人生、
Ma lui non ci penso poi tanto
マ ルイ ノン チ ペンソ ポイ タント
けれど彼はあまり考えなかった。
Anzi si sentiva gia felice
アンジ エイ センティバ ギア フェリーチェ
そう、何やら幸せになって
E ricomincio il suo canto:
エ リコミンチオ イル スオ カント
好きな歌をまた歌い始めた
「②」と同じ
“Te voglio bene assai
テ ボーリオ ベネ アサイ
僕はあなたが大好きだ、
Ma tanto tanto bene sai.
マ タント タント ベネ サイ
そう、とても、とても好きだ。
E’ una cantena ormai
エ ウナ カンテーナ オルマイ
あなたはその熱い血で、
Che sciogliei sangue di te’ vene sai.”
ケショウイル サングエ ディ テ ベネ サイ
こうして鎖を解き放ってくれる
以上です (^^♪
LINEで送る