La serenata(トスティのセレナータ)

LINEで送る

Luciano Pavarotti
フランチェスコ・パオロ・トスティ作曲の歌曲である。作詞はジョヴァンニ・アルフレード・チェザーレオによるものである。
Vola, o serenata
ヴォーラ オ セレナータ
飛べ、おぉセレナータよ
la mia diletta è sola
ラ ミア ディレッタ エ ソラ
私の愛しい女はただ一人だ
E,con la bella testa abbandonata,
エ コン ラ ベラ テスタ アバンドナタ
そして、美しい頭をゆだね
posa tra le lenzuola:
ポサ トラ レ レンツゥオーラ
シーツの中で休んでいる
Splende pura la luna,
スプレンデ プラ ラ ルナ
月はけがれなく輝き、
l’ale il silenzio stende,
ラレ イル シレンツォ ステンデ
静寂は翼を広げ、
E dietro i veli dell’alcova bruna,
エ ディエトロ ヴェリ デル アルコヴァ
そして薄暗い寝室のヴェールの後ろでは
la lampada s’accende;
ラ ランパダ サチェンデ
ランプが灯っている。
Vola, o serenata
ヴォーラ オ セレナータ
飛べ、おぉセレナータよ
la mia diletta è sola
ラ ミア ディレッタ エ ソラ
私の愛しい女はただ一人だ
Ma,sorridendo ancor mezzo assonnata,
マ ソリデンド アンコラ メッツォ アソナタ
しかし、まだ半分眠そうに微笑みながら
torna fra le lenzuola
トルマ フラ レ レンツォラ
シーツの中に戻っていく
L’onda sogna su ‘l lido,
ロンダ ソーニャ ス リド
波は砂浜の上で夢を見ている
e’l vento su la fronda,
エルヴェント ス ラ フロンダ
そして風は枝の上で(夢を見ている)
E a’ baci miei ricusa ancora un nido
エ アバチ ミエイ リクサ アンコラ ウン ニド
そして私の口づけに巣を作ることをいまだに拒絶している
la mia signora bionda.
ラ ミア シニョラ ビオンダ
私の金髪の女性は
以上です (^^♪
LINEで送る