Mattinata(マティナータ)

LINEで送る

Luciano Pavalotti
Mattinata(マッティナータ)はルッジェーロ・レオンカヴァッロ(Ruggero Leoncavallo, 1857年~1919年)によって1904年に作詩、作曲されました。
Mattinataは日本では「朝の歌」とも訳されます。
朝に男性が、愛する女性の住む家の窓の下で愛を歌い、演奏する曲のことをイタリア語で「Mattinata(マッティナータ)」と呼びます。
逆に夜に愛を歌うものを「Serenata(セレナータ)」と呼びます。
L’aurora di bianco vestita
ラウロラ ディ ビアンコ ヴェスティタ
白い衣装をまとった暁は
Già l’uscio dischiude al gran sol;
ジャ ルシオ ディシウデ アル グラン ソル
すでにドアを大きな太陽に開いている
Di già con le rosee sue dita
ディ ジャ コン レ ロシー スエ ディタ
すでにバラ色のその指で
Carezza de’ fiori lo stuol!
カレッツァ デ フィオリ ロ ストゥオル
花々の群れを愛撫している!
Commosso da un fremito arcano
コモッソ ダ ウン フレミト アルカノ
神秘的な身震いによって 心を動かされた
Intorno il creato già par;
イントルノ イル ジャ パー
神羅万象の周りのものは もはやそう思われる
E tu non ti desti, ed invano
エ トゥ ティ デスティ エド インヴァノ
しかし君は目を覚まさない、そして無駄に
Mi sto qui dolente a cantar.
ミ スト クィ ドレンテ ア カンター
私はじっとここで悲しげに歌うのみ。
Metti anche tu la veste bianca
メッティ アンケ トゥ ラ ヴェステ ビアンカ
君もまた白い衣装を身につけなさい
E schiudi l’uscio al tuo cantor!
エ シウディ ルシオ アル トゥオ カンター
そして君の歌人にドアを開きなさい!
Ove non sei la luce manca;
オヴェ ノン セイ ラ ルチェ マンカ
君のいないところに光はなく
Ove tu sei nasce l’amor.
オヴェ トゥ セイ ナシェ ラモル
君のいるところに愛は生まれる。
「④」と同じ
Ove non sei la luce manca;
オヴェ ノン セイ ラ ルチェ マンカ
君のいないところに光はなく
Ove tu sei nasce l’amor.
オヴェ トゥ セイ ナシェ ラモル
君のいるところに愛は生まれる。
以上です (^^♪
LINEで送る