O Sole Mio(オー・ソレ・ミオ)

LINEで送る

Luciano Pavalotti
エヅゥアルド・ディ・カプア(1864-1917)が1898年にジョバンニ・カプーロの詩に作曲したもので、同年のピエディグロッタの歌祭り(多くの有名なナポリターナを生んでいる)の優勝曲をとなったもの。今日ではナポレターナの代表的な名曲となっている。
題名は「私の太陽よ」という意味で、明るい太陽と抜けるように青い空、それらの美しさ輝かしさを恋人に例えて歌ったもの。
歌詞:ナポリ語 /作詞:ジョバンニ・カプーロ /作曲:エヅゥアルド・ディ・カプア
Che bella cosa na jurnata e sole,
ケ ベッラ コーザ ナ ユルナータ エ ソーレ
太陽の照り輝く日は、何と美しいのだろう
N’aria serena doppo na tempesta!
ナーリア セレーナ ドッポ ナ テンペースタ
嵐の後の穏やかな大気!
Pe llaria fresca pare già na festa!
ペッラーリア フレースカ パーレ ジャ ナ フェースタ
その爽やかしさが、すでに歌い踊る宴のようだ!
Che bella cosa na jurnata e sole!
ケ ベッラ コーザ ナ ユルナータ エ ソーレ
太陽の照り輝く日は、何と美しいのだろう
Ma n’atu sole
マ ナトゥ ソーレ
でも私はもう一つの太陽
cchiu bello, oje.
キウ ベッロ オイ ネ
もっともっと美しい太陽を持っている
‘O sole mio
オ ソーレ ミーオ
私の太陽
Sta nfronte a te!
スタ ンフロンテ ア テ
私の輝く瞳の太陽
‘O sole, ‘o sole mio,
オ ソーレ オ ソーレ ミーオ
太陽、私の太陽!
Sta nfronte a te,
スタン フロンテ ア テ
私の輝く瞳の太陽
Sta nfronte a te!
スタン フロンテ ア テ
私の輝く瞳の太陽!
Quando fa nott’ e
クワンノ ファ ノッテ エ
夜ともなれば陽は沈んでしまい
‘o sole se ne scenne,
オ ソーレ セ ネ シェンネ
私はたまらなく寂しい
mme vene quase na malincunia,
メ ヴェーネ クアゼ ナ マリンクニーア
君の窓の下を去ることもできず、
sotto ‘a fenestra toia restereia,
ソット ア フェネスタ トイア レスタッリア
いつまでも見上げている。
quando fa nott’ e ‘o sole se ne scenne.
クワンノ ファ ノッテ エ オ ソーレ セ ネ シェンネ
夜ともなれば陽は沈んでしまう。
「②」と同じ
Ma n’atu sole
マ ナトゥ ソーレ
でも私はもう一つの太陽
cchiu bello, oje.
キウ ベッロ オイ ネ
もっともっと美しい太陽を持っている
6 ‘O sole mio
オ ソーレ ミーオ
私の太陽
Sta nfronte a te!
スタ ンフロンテ ア テ
私の輝く瞳の太陽
‘O sole, ‘o sole mio,
オ ソーレ オ ソーレ ミーオ
太陽、私の太陽!
Sta nfronte a te,
スタン フロンテ ア テ
私の輝く瞳の太陽
Sta nfronte a te!
スタン フロンテ ア テ
私の輝く瞳の太陽!
以上です (^^♪
LINEで送る