Volare(ヴォラーレ)

LINEで送る

Domenico Modugno
1958年サン・レモ音楽祭でシンガー・ソングライターのドメニコ・モドーニョによって歌われた歌。この曲はイタリアにとどまらず、世界各地で大ヒットを記録した。
尚、モドーニョはこの曲でグラミー賞を受賞している。
歌詞:イタリア語 /作詞作曲:ドメニコ・モドーニョ
Volare, volare, volare
ヴォラーレ ヴォラーレ ヴォラーレ
飛んだ、飛んだ、飛んでいる
Penso che un sogno così non ritorni mai più
ペンソ ケ ウン ソグノ コジ ノン ニトーニ マイ ピウ
こんな夢はもう二度と見ることがないだろう
mi dipingevo le mani e la faccia di blu
ミ ディピンゲヴォ レ マニ エ ラ ファッシア ディ ブリュ
そう、僕は手と顔を青く塗った、
poi d’improvviso ve nivo dal vento rapito
ポイ ディンプロヴィッソ ダル ヴェント ラピト
そしたら不意に風にさらわれて
e incorninciavo a volare nel cielo infinito…
エ インコミンシアヴォ ア ヴォラーレ ネル シエロ インフィニト
果てしない大空に飛び始めた…
Volare… oh, oh!
ヴォーラーレ オーオ
ああ、飛ぶ、飛ぶ!…
Cantare… oh, oh, oh, oh!
カーンターレ オオオーオ
歌が出る!…
Nel blu dipinto di blu,
ネ ブル ディピント ディ ブル
青い空で青に染まって、
Felice di stare lassu.
フェリチェ ディ スタレ ラスゥ
青い高みに心はずませながら。
E volavo, volavo felice più in alto 
エ ヴォラヴォ ヴォラヴォ フェリチェ ピウ イン アルト
僕はとんだ、高く、高く
del sole ed ancora più su.
デル ソーレ エド アンコラ ピウ ス
太陽よりも高く、もとずっと高く、
mentre il mondo pian piano
メントレ イル モンド ピアン
すると世界は少しずつ
spariva lontano laggiù
スパリヴァ ロタント ラッギュ
段々遠くなって下の方へ見えなくなった、
Una musica dolce suonava soltanto per me…
ウナ ムジカ ドルチェ スオナヴァ ソルタント ペル メ
そして甘い音楽の調べが僕のためにだけに歌って…
「②」と同じ
Volare… oh, oh!
ヴォーラーレ オーオ
ああ、飛ぶ、飛ぶ!…
Cantare… oh, oh, oh, oh!
カーンターレ オオオーオ
歌が出る!…
Nel blu dipinto di blu,
ネ ブル ディピント ディ ブル
青い空で青に染まって、
Felice di stare lassu.
フェリチェ ディ スタレ ラスゥ
青い高みに心はずませながら。
以上です (^^♪
LINEで送る