2.数詞

2-1.基数詞
1 uno 11 undici 21 ventuno 40 quaranta
2 due 12 dodice 22 ventidue 50 cinquanta
3 tre 13 tredici 23 ventitre 60 sessanta
4 quattro 14 quattrodici 24 ventiquattro 70 settanta
5 cinque 15 quindicei 25 venticinque 80 ottanta
6 sei 16 sedici 26 ventisei 90 novanta
7 sette 17 diciasette 27 ventisette 100 cento
8 otto 18 diciotto 28 ventotto 101 centouno
9 nove 19 diciannove 29 ventinove 200 duecento
10 dieci 20 venti 30 trenta 1000 mille
1001 milleeuno 10万 centomila 1億 cento milioni
2000 duemilla 100万 un milione 2億 duecento milioni
1万 diecimilla 200万 due milioni 10億 un miliardo
2万 ventimilla 1000万 dieci milioni
基数詞は、名詞としても形容詞としても用いられます。
ただし、番号や順番を表す場合は、普通名詞の後に置かれます。
名詞的用法
Siamo in cinque. 私たちは5人です。
Non c’e’ due senza tre. 2度あることは3度ある。
形容詞的用法
6(sei) pagine (全部で)6ページ la pagina 6(sei) 6ページ(目)
1を表す基数詞は単独で使うときはunoですが、名詞の前は、不定冠詞と同じ語尾変化をします。
un metro 1メートル un anno 1年
una volta 1度 un’ora 1時間
2-2.序数詞
primo undicesimo
secondo dodicesimo
terzo ⅩⅢ tredicesimo
quarto ⅩⅣ quattrordicesimo
quinto ⅩⅤ quindicesimo
sesto ⅩⅥ sedicesimo
settimo ⅩⅦ diciasettesimo
ottavo ⅩⅧ diciottesimo
nono ⅩⅨ diciannovesimo
decimo ⅩⅩ venesimo
序数詞は、修飾する名詞の性・数に応じて、一般の形容詞と同じように語尾変化します。
il primo giorno 第1日 la terza settiana 第3週
第11以上の序数詞は「基数詞 + -simo」で作られますが、このとき基数詞の語尾母音を
落として-esimoを付けます。
序数詞は、普通名詞の前に置かれ、定冠詞を伴って用いられますが、本の巻・章、
芝居の幕・場を示す場合、名詞の後に置かれることがよくあります。
il capitolo quinto 第5章 l’atto terzo 第3章
王・皇帝・教皇などの「~世」を表す場合、序数詞は名詞の後に置かれます。
Federico Ⅱ (secondo) フェデリーコ2世
「~世紀」を表すのにもローマ数字が使われますが、この場合、序数詞は名詞の前にも後にも
置くことができます。
il ⅩⅩ (ventesimo)  secolo = il secolo ⅩⅩ 20世紀