The Lady Is A Tramp(レデイは気まぐれ)

  Frank Sinatra
   
  「ザ・レディ・イズ・ア・トランプ」 (The Lady Is a Tramp) は、ミュージカル『青春一座』のため、1937年にローレンツ・ハートの作詞、リチャード・ロジャースの作曲によって書かれたショー・チューンである。
様々なミュージシャンにカバーされており、ポップ・ミュージックやジャズのスタンダード・ナンバーとして知られている。原題をそのまま日本語に置き換えた「ザ・レディ・イズ・ア・トランプ」や「気まぐれレディ」[1]、「レディは気まぐれ」[2]など複数の日本語訳題が付けられている。
   
She gets too hungry for dinner at eight
  彼女は8時のディナーはお腹が減るからイヤなんだ
  She likes the theatre and never comes late
  彼女はお芝居は好きだけど注目目当ての遅刻はイヤなんだ
  She never bothers with people she hates
  大嫌いな人たちは全然気にしない
  That’s why the lady is a tramp
  だから「あの娘は気まぐれ」なんて言われてる
   
Doens’t like crapgames with barons or earls
  伯爵たちの双六の相手をさせられるのはもうまっぴら
  Won’t go to Harlem in ermine and pearls
  毛皮や真珠で着飾りハーレムを歩くのも何か違う
  Won’t dish the dirt with the rest of the girls
  女の子達のお喋りに混ざったりするのは柄じゃない
  That’s why the lady is a tramp
  だから「あの娘は気まぐれ」なんて言われてる
   
She loves the free fresh wind in her hair
  自由で新鮮な風に髪をなびかせるのが好き
  Life without care. She’s broke but it’s ok
  心配事なしの人生、破産したって構わない
  Hates California, it’s so cold and so damp
  カリフォルニアは嫌い、寒くて湿っぽいから
  That’s why the lady is a tramp
  だから「あの娘は気まぐれ」なんて言われてる
(①と同じ)
  She gets too hungry to wait for dinner at eight
  彼女は8時のディナーはお腹が減るからイヤなんだ
  She loves the theatre, but never comes late
  彼女はお芝居は好きだけど注目目当ての遅刻はイヤなんだ
  She’d never bother with people she’d hate
  大嫌いな人たちは全然気にしない
  That’s why the lady is a tramp
  だから「あの娘は気まぐれ」なんて言われてる
(②と似ている)
  She’ll have no crapgames with sharpies and frogs
  いかさま師やフランス人の双六の相手をさせられるのはもうまっぴら
  And she won’t go to Harlem in Lincolns or Fords
  リンカーンやフォードに乗ってハーレムに行くのも何か違う
  And she won’t dish the dirt with the rest of the broads
  (調査中)
  That’s why the lady is a tramp
  だから「あの娘は気まぐれ」なんて言われてる
(③とほぼ同じ)
  She loves the free fresh wind in her hair
  自由で新鮮な風に髪をなびかせるのが好き
  Life without care. She’s broke but it’s ok
  心配事なしの人生、破産したって構わない
  Hates California, it’s so cold and so damp
  カリフォルニアは嫌い、寒くて湿っぽいから
  That’s why the lady. that’s why the lady
  だから「あの娘は気まぐれ」なんて言われてる
  That’s why the lady is a tramp
  だから「あの娘は気まぐれ」なんて言われてる
   
  以上です (^^♪