スワンの涙

LINEで送る

オックス
「スワンの涙」(スワンのなみだ)は、1968年12月10日に日本ビクター(現・JVCケンウッド)の音楽レコード事業部のビクターレコード(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)から発売されたオックスの楽曲である。

作詞は橋本淳、作曲と編曲は筒美京平である。前作の売り上げが予想外にも伸び悩んだことを受けて、野口ヒデトのソロを中心に歌謡曲調の曲にした結果、25.6万枚の売り上げを記録し、オリコン7位のヒットとなった。間奏で野口ヒデトのセリフが入っている。

君の素敵な ブラック・コート
二人で歩く 坂道に
こぼれるような 鐘の音
誰も知らない 二人の午後は
港が見える 教会の
小さな庭で お話しましょう
いつか君が 見たいと云った
遠い北国の 湖に
哀しい姿 スワンの涙
(あの空は あの雲は 知っているんだね)
離れたくない 二人の午後は
ブラック・コーヒー 飲みながら
街のテラスで お話しましょう
いつか君が 見たいと云った
遠い北国の 湖に
哀しい姿 スワンの涙
以上です (^^♪
LINEで送る