想い出の渚

LINEで送る

ザ・ワイルドワンズ
「想い出の渚」(おもいでのなぎさ)は、1966年11月5日に発売されたザ・ワイルドワンズのデビューシングルである。
作詞は鳥塚繁樹(全員が書いたフレーズを繋いだが、一番多く書いたと言うことで鳥塚の名前がクレジットされた)、作曲は加瀬邦彦である。加瀬邦彦の12弦ギターで大ヒットし、100万枚以上[1]を売り上げた。東芝音楽工業が有する洋楽レーベルのひとつだったキャピトル・レコードから発売された。発売当時はモノ・ミックスでのシングル発売だったが、後に発売されたLPではステレオ・ミックスされて発売されている。
君を見つけた この渚に
一人たたずみ 思い出す
小麦色した 可愛いほほ
忘れはしない いつまでも
水面(ミナモ)走る 白い船
長い黒髪 風になびかせ
波に向かって 叫んで見ても
もう帰らない あの夏の日
長いまつげの 大きな瞳が
僕を見つめて うるんでた
このまま二人で 空の果てまで
飛んでゆきたい 夜だった
波に向かって 叫んでみても
もう帰らない あの夏の日
あの夏の日 あの夏の日
以上です (^^♪
LINEで送る