ペドロ&カプリシャス

LINEで送る

ペドロ&カプリシャスは、日本の音楽バンド。ジャズ、フォークからラテンロックなど洋楽のテイストを取り入れたアダルト・コンテンポラリーのサウンド。2021年に結成50周年を迎える。

ペドロ梅村をリーダーに、1971年に初代ボーカル・前野曜子をむかえてメジャーデビュー。デビュー・シングル「別れの朝」が大ヒット。

1973年に二代目ボーカル・高橋まり(現:髙橋真梨子)をむかえリリースした「ジョニィへの伝言」「五番街のマリーへ」などもヒットし、人気バンドへ。

1978年には三代目のボーカル松平直子をむかえる。

1982年に4代目ボーカルとして桂木佐和が加入するが、一時的な参加で、1983年のアルバム 「SUN PATIO]の歌唱を担当した後脱退、再び松平直子がボーカルを務めた。

2011年には結成40周年を機にメンバーを大幅変更。4月に松平が独立したのに続き、8月には五代目ボーカル桜井美香、さらに彼女をサポートボーカルで多く起用していたサックス奏者のUkoが加入、さらにベース、ドラムのメンバーも交代となった(正式発表は10月)。

2017年11月産休の桜井美香の代役として小谷のりこと矢口早苗がペドロ&カプリシャスのステージに参加。

2018年1月 桜井の卒業に伴い矢口早苗がペドロ&カプリシャスの6代目ヴォーカリストとして正式に加入。

2018年3月6日には、旧メンバーの高橋真梨子の誕生日に合わせて、当時のメンバーが40年ぶりに集まり、「ジョニィへの伝言」、「別れの朝」、「陽かげりの街」などを演奏した。

LINEで送る