タイスの瞑想曲(Meditation)

LINEで送る

初音ミク
タイスの瞑想曲(タイスのめいそうきょく、”Méditation” (発音: [meditasjɔ̃]) )は、ジュール・マスネが作曲した歌劇『タイス』(1894年3月16日ガルニエ宮で初演)の第2幕第1場と第2場の間の間奏曲。その甘美なメロディーによって広く知られている。本来はオーケストラと独奏楽器(ヴァイオリン)にコーラスの形であるが、室内楽編曲も多い。
日本における演奏(録音)のもっとも早い例として、1935年に15歳の諏訪根自子がSPレコード(コロムビアレコード)で録音を残している。
戦争(あらそい)のあとに何が残るの
傷ついて 涙も枯れて 冷たい心
愛しい人失う悲しみが 生きる希望も無くしてしまうのも
禁じられた 扉を開けないで
目を覚まして 平和な世の中を Ah-
子供たちが 裸足で 自由に駆け回る姿
あなたも見えるでしょ
無邪気な あの笑顔 あの声
太陽よ 光を与えたまえ
そして 空よ 微笑みながら 優しく包みたまえ
ほら 聞こえるでしょ あの鐘の音
風に乗って幸せを運んでくる
あなたにも 小さな花たちにも
生きている喜びを忘れないで
宝物
恵み溢れる輝く楽園
以上です (^^♪
LINEで送る