ラストダンスを私に

LINEで送る

中森明菜(下:越路吹雪)
「ラストダンスは私に」(英語:Save the Last Dance for Me)は、アメリカのコーラス・グループドリフターズの楽曲。レコード発売当時のリード・ボーカルは、その後間もなくグループを脱退するベン・E・キング。日本では越路吹雪が歌唱したものがヒットしたことによって知られている(岩谷時子による日本語詞)。

日本では越路吹雪が歌唱していることなどから、シャンソンと思われることが多い。本楽曲はアメリカ生まれであり、本来はシャンソンという分類には入らないが、フランスの歌手ダリダやダニエル・ダリューがフランス語の訳詞でヒットさせたため、シャンソンに分類されることもある。

あなたの好きな人と 踊ってらしていいわ
やさしいほほえみも その方におあげなさい
けれども 私がここにいることだけ
どうぞ 忘れないで
 
ダンスはお酒みたいに 心を酔わせるわ
だけどお願いね ハートだけはとられないで
そして 私のため残しておいてね
最後の踊りだけは
 
あなたに夢中なの いつかふたりで
だれもいないところへ 旅に出るのよ
 
どうぞ踊ってらっしゃい 私ここで待ってるわ
だけど 送ってほしいとたのまれたら
ことわってね
いつでも 私がここにいることだけ
どうぞ 忘れないで
 
きっと私のため 残しておいてね 
最後の踊りだけは
胸に抱かれて踊る ねえ 忘れないで
以上です (^^♪

LINEで送る