経験

LINEで送る

辺見マリ
「経験」(けいけん)は、1970年5月11日に発売された辺見マリの2枚目のシングル。
作詞は安井かずみ、作曲は村井邦彦がそれぞれ手掛けた。フィンガーアクションが話題を呼んで大ヒットした。オリコンヒットチャート最高2位、レコード売り上げ30万枚を記録し、1970年の新人賞レースをほぼ独走した。同年10月6日には当時東映専属だった谷隼人の第一回主演作品として映画化され、辺見マリが本作を熱唱するシーンもある。

本作は野村真樹(現・将希)の「一度だけなら」と共に、1970年11月に開始された第1回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞と、12月の第3回日本有線大賞・新人賞を始め、同年末の第12回日本レコード大賞・新人賞などを獲得した(最優秀新人賞は「もう恋なのか」のにしきのあきら(現・錦野旦)が受賞)。

歌詞の内容とフィンガーアクションから当時のNHKでは歌唱できず、辺見はこの年『第21回NHK紅白歌合戦』に出場するも本作ではなく、次作の「私生活」で出場している。

1970年にフジテレビ系列で放送されたバラエティ番組『祭りだ!ワッショイ!』のワンコーナー「おたのしみアニメ劇場(歌謡アニメ劇場)」において、辺見マリの歌う「経験」が使用された。

やめて 愛してないなら
やめて くちづけするのは
やめて このまま帰して
あなたは わるい人ね
わかってても あなたに逢うと
いやと言えない ダメなあたしネ
だから 今日まで
だから 今日こそ
きらいにさせて!離れさせて!
やめて 本気じゃないなら
やめて きつく抱かないで
やめて そんな気やすめは
あなたは ずるい人ね
わかってても あなたの後を
ついてゆきたい ダメなあたしネ
だから なかせて
だから ひとこと
きらいにさせて!離れさせて!
以上です (^^♪
LINEで送る