PRIDE

LINEで送る

今井美樹
「PRIDE」(プライド)は、今井美樹の12枚目のシングル。1996年11月4日発売。発売元はフォーライフ・レコード(現:フォーライフミュージックエンタテイメント)。

今井美樹の代表曲であり、最大のヒット曲。本人もお気に入りの楽曲であり、ライブでは毎回必ず歌われる。

「Miss You」以来となるドラマ主題歌となりヒット。発売週のオリコンシングルチャートでは、前作の累計売上の約2倍となる初動売上を記録。ドラマの高視聴率と共に売上も伸び、最終的には160万枚を超える大ヒット曲となった。約1ヶ月間上位をキープし続けた後、ドラマが終盤となった12月下旬に、再び返り咲きで2週連続の同チャート1位を獲得した。

自身3作目のオリコンシングルチャート1位を記録、「PIECE OF MY WISH」以来自身2作目のミリオンセラーも達成した。オリコンチャート1位は「Miss You」以来となるが、今井美樹の同チャート1位作品は全てドラマ主題歌である。

当時プロデューサーとして関わっていた布袋寅泰(本作発売から2年7か月後の1999年6月に今井と結婚)が作詞曲を担当、曲中にギターでも参加。2006年の『第57回NHK紅白歌合戦』にはこの曲で出場し、普段殆どメディアやテレビ番組への露出がない布袋も歌唱時にギタリストとして出場した。布袋は正式な出場歌手ではないが、夫婦共演となり、かつてBOØWYやソロ曲のヒットでも紅白出場を辞退していた布袋が出演したことも重なり、話題となった。また、本作は布袋寅泰プロデュース(作詞曲)の楽曲としても最大のヒット曲である(布袋自身が歌唱した楽曲では『POISON』が最大のヒット)。

秋元康はオリコンウィーク1997年Vol.19合併号のインタビューで「最近詞で何か印象に残るものは?」の問いに、「今井美樹の『PRIDE』。あの詞を僕らのような職業作詞家ではなく、アーティストに書かれたことはすごいショック。起承転結があって、僕にはきちんと構成がまとまっているように見える。」と答えている。

私は今 南の一つ星を 見上げて誓った
どんな時も 微笑みを絶やさずに 歩いて行こうと
貴方を想うと ただせつなくて 涙を流しては
星に願いを 月に祈りを 捧げるためだけに生きてきた
Uh…
だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド
やさしさとは 許し合うことを知る 最後の真実
わがままさえ 愛しく思えたなら 本当に幸せ
貴方は私に 自由と孤独を 教えてくれた人
夜が来るたびに無口になって 震える肩を抱きしめていた
Uh…
だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド
(間奏)
いつか私も 空を飛べるはず ずっと信じていた
翼があったら飛んでゆくのに 貴方の胸に今すぐにでも
Uh…
見上げてみて 南の一つの星を 素敵な空でしょう
私は今 貴方への愛だけに 笑って 泣いてる
以上です (^^♪
LINEで送る