Tears

LINEで送る

X Japan
「Tears」(ティアーズ)は、ロックバンド、X JAPANが1993年11月10日にリリースした9作目のシングルである。

オリコンチャートでは「WEEK END」以来となる最高位タイの2位を記録。次作「Rusty Nail」で初のシングル・チャート1位を達成するが、売り上げでは本作がバンド最大のヒット作である。

グループ名改名後の第1弾シングル。1992年に第43回NHK紅白歌合戦のテーマ・ソングとしてYOSHIKIが書き下ろした「Tears ~大地を濡らして~」が基になっているため、「Tears ~X JAPAN Version~」と表記されることが多かった。HIDEがYOSHIKIにX JAPANの曲としてレコーディングをするよう進言したという逸話がある。また、HIDEが最も愛した曲だったといわれ、X JAPANにとっては特別なバラードだという。YOSHIKIはこの曲が亡き父親に対して「いつか、僕は貴方よりも歳をとるだろう」と想って書いた曲であると明かしている。作詞でクレジットされている白鳥瞳とは、YOSHIKIのペンネームである。そして此の曲の歌詞には白鳥瞳(YOSHIKI)の芸術観が見せられていると言われている。
本作収録のオリジナル・バージョンはアウトロのフェードアウトが非常に長く作られている。コンピレーション・アルバム『BALLAD COLLECTION』に収録されたものはアウトロを大幅に削っており、演奏時間は7分12秒にまで短くなっている。なお、Toshlは「Tears」を最も好きな曲の一つに挙げている。X JAPANの再結成前にYOSHIKIがToshlとカラオケに行った際には、この曲をToshlにリクエストしたと言われている。また、元首相の小泉純一郎はX JAPANでこの曲をもっとも好んでおり、選挙テーマソングに起用する予定だったが却下された経緯がある。再結成後はYOSHIKIの年齢が故人である父親を追い越したため、アウトロのモノローグが一部変更されている。

TBS系ドラマ『憎しみに微笑んで』主題歌として起用されていた。2004年には、韓国映画『僕の彼女を紹介します』の挿入歌として、日本文化解禁後の韓国映画において初の日本語楽曲使用となり話題になった。

現在、YOSHIKIのMySpaceにおいて「Tears Unreleased ver」が公開されている。カップリングはYOSHIKIのクラシック・アルバム『Eternal Melody』にも収録されているオーケストラ・バージョン。

日本国外から日本音楽著作権協会 (JASRAC) に払われる国内作品の著作権使用料分配額では2017年度に年間6位、2018年度に年間4位、2019年度に年間8位に入った。

何処に行けばいい 貴方と離れて
今は過ぎ去った 時間(とき)に問い掛けて
長すぎた夜に 旅立ちを夢見た
異国の空見つめて 孤独を抱きしめた
流れる涙を 時間の風に重ねて
終わらない貴女の 吐息を感じて
DRY YOUR TEARS WITH LOVE
DRY YOUR TEARS WITH LOVE
LONELINESS YOUR SILENT WHISPER
FILLS A RIVER OF TEARS THROUGH THE NIGHT
MEMORY YOU NEVER LET ME CRY
AND YOU YOU NEVER SAID GOOD-BYE
SOMETIMES OUR TEARS BLINDED THE LOVE
WE LOST OUR DREAMS ALONG THE WAY
BUT I NEVER THOUGHT YOU’D TRADE YOUR SOUL TO THE FATES
NEVER THOUGHT YOU’D LEAVE ME ALONE
TIME THROUGH THE RAIN HAS SET ME FREE
SANDS OF TIME WILL KEEP YOUR MEMORY
LOVE EVERLASTING FADES AWAY
ALIVE WITHIN YOUR BEATLESS HEART
DRY YOUR TEARS WITH LOVE
DRY YOUR TEARS WITH LOVE
流れる涙を 時代(とき)の風に重ねて
終わらない悲しみを 青い薔薇に変えて
「③」と同じ
DRY YOUR TEARS WITH LOVE
DRY YOUR TEARS WITH LOVE
「②」と同じ
流れる涙を 時間の風に重ねて
終わらない貴女の 吐息を感じて
「③」と同じ
DRY YOUR TEARS WITH LOVE
DRY YOUR TEARS WITH LOVE
以上です (^^♪
LINEで送る