Feelings(愛のフィーリング)

LINEで送る

Morris Albert
「愛のフィーリング」(原題は、Feelings)は、ブラジルのシンガーソングライター・モーリス・アルバート(en:Morris Albert)が1975年にリリースしたシングル。作詞および作曲は、モーリス・アルバート。

ビルボード(Billboard)誌では、1975年10月25日に週間ランキング最高位の6位を獲得し、1975年度年間チャートでは4位。同誌の集計では、モーリス・アルバート最大のヒット曲となった。ブラジル、ベネズエラ、チリ、メキシコで、週間チャート1位を獲得した。また、同誌の集計ではロック時代(1955年7月9日以降)のブラジル人アーティストの曲としては、最高位を記録した。

ペプシ社が1990年-91年に展開していたペプシチャレンジ(ライバルであるコカ・コーラに対する強烈な比較広告)にて、M.C.ハマーがライブの幕間に舞台袖でいつものペプシを、コークにすりかえられていたため、舞台に戻ると「愛のフィーリング」を唄ってしまい(=つまり「ハマーらしからぬ曲」という設定)、ペプシを補給されると再び本来のラップ&ダンスが復活するという演出がなされ、話題となった。

日本では、コーラス・グループのハイ・ファイ・セットが「愛のフィーリング」をカヴァー。カバー・バージョンは、日本語詞をなかにし礼が担当し、曲名を「フィーリング」として1976年末にリリースされた。翌年の1977年に大ヒットとなり、ハイ・ファイ・セットは同年末の『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

Feelings, nothing more than feeling
感じる、感じてる外に何もないよ
Trying to forget my
忘れるようにしてみるさ
feelings of love
この愛の感じを
Teardrops, rolling down on my face
涙が溢れて、頬を伝う時に
Trying to forget my
僕は忘れられるだろうか
feelings of love
愛するこの感情を
Feelings, for all my life I’ll feel it
感じる、生きている証を感じるよ
I wish I’ve never met you girl;
君のような女性に初めて逢ったのさ
You’ll never come again.
でも君はもう戻らないだろうね
Feelings, wo-o-o, Feelings wo-o-o
感じるよ、感じているよ
Feelings, again in my arms.
感じているのさ、もう一度抱きしめたいよ
Feelings, feelings like I’ve never lost you
感じるよ、まだ君を失ってない気持ち
And feelings like I’ve never have you
そして君から離れ行く気持ち
Again in my heart.
そんな気持ちもあるんだよ
「②」と同じ
Feelings, for all my life I’ll feel it
そう感じるよ、出会いの運命が交差する
I wish I’ve never met you, girl;
生まれて初めての女性に逢えたのさ
You’ll never come again.
でも君はもう戻らないだろうね
「④」と一語以外同じ
Feelings, feelings like I’ve never lost you
感じるよ、まだ君を失ってない気持ち
And feelings like I’ve never have you
そして君から離れ行く気持ち
Again in my life.
そんな気持ちもあるんだよ
「③」と同じ
Feelings, wo-o-o, Feelings wo-o-o
感じるよ、感じているよ
Feelings, again in my arms.
感じているのさ、もう一度抱きしめたいよ
「③」と同じ
Feelings, wo-o-o, Feelings wo-o-o
感じるよ、感じているよ
Feelings, again in my arms.
感じているのさ、もう一度抱きしめたいよ
「③」と同じ
Feelings, wo-o-o, Feelings wo-o-o
感じるよ、感じているよ
Feelings, again in my arms.
感じているのさ、もう一度抱きしめたいよ
以上です (^^♪
LINEで送る