As time goes by(アズ・タイム・ゴーズ・バイ)

LINEで送る

Frank Sinatra
「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」(As Time Goes By)は、1931年にハーマン・フップフェルド(Herman Hupfeld)が、ブロードウェイ・ミュージカル『エブリバディズ・ウェルカム』(Everybody’s Welcome)のために作詞・作曲した曲。この劇中では、フランシス・ウィリアムズ(Frances Williams)が歌っていた。

また、1942年制作のアメリカ映画『カサブランカ』のテーマ曲としても、一般的に知られている。映画の中でも古い流行歌として取り上げられているが、前述のとおり、この映画のために作られた曲ではない。映画では、印象的なシーンで効果的に使われ、ドーリー・ウィルソンによって歌われている。

ミュージカル『エブリバディズ・ウェルカム』の当時何人かの歌手が録音していたが、映画『カサブランカ』で歌ったドーリー・ウィルソンは、その年のミュージシャンのストライキのためにこの曲をシングルとして発表することができず、ルディ・ヴァリーなどの歌手のものが再リリースされた。

「時の経つまま」「時の過ぎゆくままに」と訳されるが、実際には「時が経っても」の意味である。

You must remember this
覚えておくべきた
A kiss is still a kiss
キスは今もキスで
A sigh is still (just) a sigh
溜息は溜息でしかない事を
The fundamental things apply
根本的なことは 溶け込んでいく
As time goes by
時の流れに
And when two lovers woo
恋人同士が 近づけば
They still say: I love you
囁く言葉は「愛している」
On that you can rely
それを君は寄す処にする
No matter what the future brings
未来が何をもたらそうと
As time goes by
たとえ時が流れても
Moonlight and love songs – never out of date
月の光、恋の歌 輝きを失うことはない
Hearts full of passion – jealousy and hate
心に満ちた情熱 嫉妬そして憎しみ
Woman needs man – and man must have his mate
女は男を必要とし 男には繋がる相手がいる
That no one can deny
それを誰も否定出来ない
It’s still the same old story
よくある昔話
A fight for love and glory
戦いは愛と栄光のために
A case of do or die
するのか 死ぬのか
The world will always welcome lovers
世界はいつも恋人達を歓迎する
As time goes by
たとえ時が流れても
「④」と同じ
It’s still the same old story
よくある昔話
A fight for love and glory
戦いは愛と栄光のために
A case of do or die
するのか 死ぬのか
The world will always welcome lovers
世界はいつも恋人達を歓迎する
As time goes by
たとえ時が流れても
以上です (^^♪
LINEで送る