Charade(映画「シャレード」)

LINEで送る

Andy Williams
『シャレード』(Charade)は、1963年のアメリカ映画。ユニバーサル・ピクチャーズ制作のロマンティック・サスペンス映画であり、その主題歌である。主演はケーリー・グラントとオードリー・ヘプバーン。ジバンシィが提供したヘプバーンの衣装が話題となった。
When we played our charade
二人でシャレードを演じた時
We were like children posing
子どものようにポージングしたものだ
Playing at games, acting out names
ゲームに興じて、有名人になった積りで
Guessing the parts we played
互いの演じたものが何か思いを馳せる
Oh, what a hit we made
おー、私達はなんと大当たりだった!
We came on next to closing
私達は閉幕のひとつ前に登場して
Best on the bill, lovers until
最高の出し物を演じ 、ふたりは恋人同士
Love left the masquerade
愛はマスカレードを外してしまった
Fate seemed to pull the strings
運命が糸を引くように感じて
I turned and you were gone
振り向くとあなたはもういなかった
While from the darkened wings
暗くなり始めた舞台の袖から
The music box played on
ミュージックボックスが鳴っていた
Sad little serenade
聞こえるのは悲しげなセレナーデ
Song of my hearts composing
私のこころが作曲した歌
I hear it still, I always will
それが今も聞こえている、私はいつでもやろう
Best on the bill, charade
最高の出し物、それはシャレード
以上です (^^♪
LINEで送る