Love is a splendid things(慕情)

LINEで送る

Andy Williams
『慕情』(ぼじょう、原題: Love Is a Many-Splendored Thing)は、1955年に公開されたアメリカ合衆国の映画。ベルギー人と中国人の血を引くハン・スーインの自伝をもとに映画化された。サミー・フェイン作曲、ナット・キング・コール歌唱による主題歌は映画音楽史上屈指の名作と言われる。フェインはジャコモ・プッチーニの歌劇『蝶々夫人』のアリア「ある晴れた日に」を参考に作曲した[要出典]。第28回アカデミー賞歌曲賞受賞作品。
Love is a many splendored thing
恋とは、人生を一瞬にして輝かせてくれる素晴らしいもの
It’s the April rose that only grows In the early spring
それは四月のほんの一瞬の時期に咲き誇る『春ざれのバラ』のようなもの
Love is nature’s way of giving,
恋をすること・・・それは、誰もが与えられる輝けるチャンス
A reason to be living
生きている証
The golden crown that makes a man a king
一人の男をもまるで一国の王になったかのような自信を持たせる『黄金の冠』のようなもの
Once on a high and windy hill
ある霧の立ち込める朝風の吹く高い丘の上で
In the morning mist two lovers kissed
二人の恋人たちがキスをすると
And the world stood still
一瞬、世界が止まった・・・
Then your fingers touched my silent heart
そして次の瞬間、恋人の指が私の心の琴線にふれ
And taught in how to sing
愛を謳歌することを教えてくれた
Yes true love’s a many splendored thing
そう!! 真実の愛は一瞬の輝きではなく
「②」と同じ
The golden crown that makes a man a king
一人の男をもまるで一国の王になったかのような自信を持たせる『黄金の冠』のようなもの
Once on a high and windy hill
ある霧の立ち込める朝風の吹く高い丘の上で
In the morning mist two lovers kissed
二人の恋人たちがキスをすると
And the world stood still
一瞬、世界が止まった・・・
Then your fingers touched my silent heart
そして次の瞬間、恋人の指が私の心の琴線にふれ
And taught in how to sing
愛を謳歌することを教えてくれた
Yes true love’s a many splendored thing
そう!! 真実の愛は一瞬の輝きではなく
以上です (^^♪
LINEで送る