Beat it(今夜はビート・イット)

LINEで送る

Michael Jackson
「今夜はビート・イット」(原題:Beat It)は、マイケル・ジャクソンの楽曲、及びアルバム『Thriller』から3作目のカット・シングル。

ハードロックとR&Bの融合が特徴的で、エディ・ヴァン・ヘイレン、スティーヴ・ルカサー、ポール・ジャクソン・ジュニアのギタリスト3人が参加しており、エディはギター・ソロも担当している。エディは、ビクトリーツアーの一公演に飛び入りで参加し、ソロ・パートを弾いている(その時の写真や動画が少なからず存在する)。ミュージック・ビデオは、ウエスト・サイド物語をモチーフとしている[1]。 2008年2月に発売された『Thriller 25』には、この曲をリミックスしてファーギーのボーカルをフィーチャーしたものが収録されている。また、PVには本物のギャングが参加している。

They told him, “Don’t you ever come around here.
彼は言われた「失せろ」
Don’t wanna see your face. You better disappear.”
「その顔を見たくないんだ、さっさと消えてくれ」
The fire’s in their eyes and their words are really clear
あの目を見れば、本気で言っているのは明らかさ
So beat it, just beat it
だから見返してやるのさ
You better run, you better do what you can
そこから逃げて、できることだけのことをやった方が良い
Don’t wanna see no blood, don’t be a macho man
血は見たくないから、荒っぽい真似はしないで
You wanna be tough, better do what you can
強くありたいなら、自分にできることをやるべきなんだ
So beat it, but you wanna be bad
だから見返してやろう でもきみはもっと悪いことを考えているんだね
Just beat it, beat it, beat it, beat it
さぁ見返してやるんだ
No one wants to be defeated
誰だって打ち負かされたくはないから
Showin’ how funky strong is your fight
きみの強さを見せてやるんだ
It doesn’t matter who’s wrong or right
誰が間違っていて誰が正しいのかなんて、関係ない
Just beat it, beat it [4x]
いいからやってみせろ!
They’re out to get you, better leave while you can
奴らがきみを探しているから、今のうちに逃げた方がいい
Don’t wanna be a boy, you wanna be a man
やわな少年ではいたくないんだ、君は大人の男になりたいんだろう
You wanna stay alive, better do what you can
生き延びたいんだろう、それならできることをやるべきだ
So beat it, just beat it
だからやっつけるんだ、ただやっつけろ
You have to show them that you’re really not scared
恐れているところを見せてはいけない
You’re playin’ with your life, this ain’t no truth or dare
きみは人生を遊んでいるだ それは嘘じゃないし、見せかけだけのハッタリでもない
They’ll kick you, then they beat you, then they’ll tell you it’s fair
きっと奴らは、みんなできみを袋叩きにしてもまだ「フェアなこと」だと言い張るだろう
So beat it, but you wanna be bad
だから見返してやるんだ でもきみはもっと悪いことを考えているんだね
「②」と同じ
Just beat it, beat it, beat it, beat it
さぁ見返してやるんだ
No one wants to be defeated
誰だって打ち負かされたくはないから
Showin’ how funky strong is your fight
きみの強さを見せてやるんだ
It doesn’t matter who’s wrong or right
誰が間違っていて誰が正しいのかなんて、関係ない
「②」と同じ
Just beat it, beat it, beat it, beat it
さぁ見返してやるんだ
No one wants to be defeated
誰だって打ち負かされたくはないから
Showin’ how funky strong is your fight
きみの強さを見せてやるんだ
It doesn’t matter who’s wrong or right
誰が間違っていて誰が正しいのかなんて、関係ない
Just beat it, beat it, beat it, beat it, beat it
いいからやってみせろ!
(間奏)
「②」と同じ
Just beat it, beat it, beat it, beat it
さぁ見返してやるんだ
No one wants to be defeated
誰だって打ち負かされたくはないから
Showin’ how funky strong is your fight
きみの強さを見せてやるんだ
It doesn’t matter who’s wrong or right
誰が間違っていて誰が正しいのかなんて、関係ない
「②」と同じ
Just beat it, beat it, beat it, beat it
さぁ見返してやるんだ
No one wants to be defeated
誰だって打ち負かされたくはないから
Showin’ how funky strong is your fight
きみの強さを見せてやるんだ
It doesn’t matter who’s wrong or right
誰が間違っていて誰が正しいのかなんて、関係ない
「②」と同じ
Just beat it, beat it, beat it, beat it
さぁ見返してやるんだ
No one wants to be defeated
誰だって打ち負かされたくはないから
Showin’ how funky strong is your fight
きみの強さを見せてやるんだ
It doesn’t matter who’s wrong or right
誰が間違っていて誰が正しいのかなんて、関係ない
以上です (^^♪
LINEで送る