Rock with you(ロック・ウィズ・ユー)

LINEで送る

Michael Jackson
「ロック・ウィズ・ユー」(Rock with You)は、1979年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、および同曲を収録したシングル。作詞・作曲はロッド・テンパートンによる。アルバム『オフ・ザ・ウォール』からのシングル・カットである。ビルボード誌では、1980年1月19日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1980年度年間ランキングは第7位。

この曲には2種類のアルバム・バージョンが存在する。1つはLP発売初期のオリジナルミックス版で、もう1つはサビ部分にハンドクラッピングを挿入し、デイヴィッド・ウィリアムズによるリズムギターを差し替えたリミックス版である(シングルはリミックス版の間奏を短縮したもの)。なお、日本盤CDアルバムには、リマスター版が発売されるまでオリジナルミックス版が収録され続けていた。 1995年にプロデューサーのクインシー・ジョーンズのアルバム『Q’s Jook Joint』でカバーされ、2005年にはアシャンティによってもカバーされている。

Girl, Close Your Eyes
ねえ、彼女、目を閉じてごらん。
Let That Rhythm Get Into You
リズムに身を任せるんだ。
Don’t Try To Fight It
抵抗しないで。
There Ain’t Nothin’ That You Can Do
止めようとしたった何もできないんだから。
Relax Your Mind
気持ちをリラックスさせるんだ。
Lay Back And Groove With Mine
落ち着いて、僕のグルーヴに身を任せて。
You Got To Feel That Heat
この熱を感じるんだ。
And We Can Ride The Boogie
そうすれば僕たち、一緒にノレる。
Share That Beat Of Love
愛のビートを分かち合えるんだ。
I Wanna Rock With You (All Night)
僕は君と最高の時を過ごしたい。(一晩中)
Dance You Into Day (Sunlight)
朝まで踊ろう(朝日まで)
I Wanna Rock With You (All Night)
僕は君と最高の時を過ごしたい。(一晩中)
We’re Gonna Rock The Night Away
僕らで夜をブッ飛ばそう
Out On The Floor
フロアには、
There Ain’t Nobody There But Us
僕ら以外には誰もいないよ。
Girl, When You Dance
ねえ、君が踊ると魔法がかかる。
There’s A Magic That Must Be Love
きっと愛の力さ。
Just Take It Slow
焦らないで。
‘Cause We Got So Far To Go
だって、まだ先は長いんだ。
When You Feel That Heat
この熱を感じれば、
And We’re Gonna Ride The Boogie
そうすれば僕たち、一緒にノって
Share That Beat Of Love
愛のビートを分かち合えるんだ。
「②」と同じ
I Wanna Rock With You (All Night)
僕は君と最高の時を過ごしたい。(一晩中)
Dance You Into Day (Sunlight)
朝まで踊ろう(朝日まで)
I Wanna Rock With You (All Night)
僕は君と最高の時を過ごしたい。(一晩中)
We’re Gonna Rock The Night Away
僕らで夜をブッ飛ばそう
And When The Groove Is Dead And Gone (Yeah)
そして、音楽がやみ、グルーヴがなくなっても
You Know That Love Survives
わかるだろ、愛は続くのさ。
So We Can Rock Forever, On
そうすれば僕らは永遠に最高の時を過ごせる。
I Wanna Rock With You
僕は君と最高の時を過ごしたい。
I Wanna Groove With You
僕は君と最高にノリノリで過ごしたい。
I Wanna Rock With You
僕は君と最高の時を過ごしたい。
I Wanna Groove With You
僕は君と最高にノリノリで過ごしたい。
I Wanna Rock (All Night) With You Girl (Sunlight)
僕は君と(一晩中)最高の時を過ごしたい。(朝日まで)
Rock With You, Rock With You Girl (Yeah)
君と最高の、最高の時を過ごしたい、Girl (Yeah)
(All Night)
(一晩中)
Dance The Night Away
夜を踊り明かそう。
I Wanna Rock With You (Yeah) (All Night)
僕は君と最高の時を過ごしたい(Yeah) (一晩中)
Rock You Into Day (Sunlight)
日が昇るまで最高の時を(朝日まで)
I Wanna Rock With You (All Night) Rock The Night Away
僕は君と最高の時を過ごしたい(一晩中)夜をぶっ飛ばせ。
Feel The Heat Feel The Beat Rock You Into Day (Sunlight)
熱を感じて、ビートを感じて、日が昇るまで最高の時を(朝日まで)
I Wanna Rock – Rock The Night Away
最高の時を、夜をぶっ飛ばして。
以上です (^^♪
LINEで送る