Raindrops Are Falling On My Head(雨にぬれても)

LINEで送る

B.J.Thomas
「雨にぬれても」は1970年代になって1番最初のNo1ヒット!1970年代はこの曲から始まったんだ!と思うと感慨深いものがありますね。
 原題”Raindrops Keep Fallin’ On My Head”を歌っているのは米ミュージシャンのB.J.トーマス(ビリー・ジョー・トーマス)。作詞はハル・デヴィッド(Hal David)、作曲はバート・バカラックの黄金コンビ。1位を4週続け、1970年の年間ランキングでは第4位という大ヒットになりました。
Raindrops are falling on my head
雨の滴が僕の頭に落ち続ける
And just like the guy whose feet
ちょうど足が長過ぎて
Are too big for his bed
ベッドに収まらない男みたいに
Nothing seems to fit
何もかもが上手くいかないように感じる
Those raindrops are falling on my head They keep falling.
雨の滴が僕の頭に落ちてくる、落ち続ける…
So I just did me some Talking to the sun
だから、僕は太陽にちょっと一言いってやったんだ
And I said I didn’t like the way He got things done
キミのそういうやり方は、僕は好きじゃないな。
Sleeping on the job
仕事さぼって
Those raindrops Are falling on my head
雨の滴が僕の頭に落ちてくる、
They keep fallin’
落ち続ける…
But there’s one thing I know
けれど一つ分かっていることがあるんだ
The blues they send to meet me
どんな憂うつが僕に押し寄せてこようとも、
Won’t defeat me, it won’t be long
僕は負けたりなんてしない
Till happiness Steps up to greet me
幸せが僕を迎えにくるまで、もう少しだから
Raindrops keep falling on my head
雨の滴が僕の頭に落ち続ける
But that doesn’t mean my eyes Will soon be turning red
だからって、僕の瞳が涙で赤くなるわけじゃない
Crying’s not for me ’cause,
泣き言は、僕は言わないよ
I’m never gonna stop the rain by complaining,
だって文句を言ったところで、雨を止める事なんて出来ないし
Because I’m free Nothing’s worrying me
僕は自由だから、何の心配もしてないさ
(間奏)
It won’t be long Till happiness Steps up to greet me
幸せが僕を迎えにくるまで、もう少しだから
Raindrops keep falling on my head
雨の滴が僕の頭に落ち続ける
But that doesn’t mean my eyes Will soon be turning red
だからって、僕の瞳が涙で赤くなるわけじゃない
Crying’s not for me ’cause,
泣き言は、僕は言わないよ
I’m never gonna stop the rain by complaining,
だって文句を言ったところで、雨を止める事なんて出来ないし
Because I’m free, ’cause nothing’s worrying me
僕は自由だから、何の心配もしてないさ
以上です (^^♪
LINEで送る