Stardust(スターダスト)

LINEで送る

Nat King Cole
ホーギー・カーマイケルが1927年に発表したジャズのスタンダード・ナンバーである。楽曲名は「スター・ダスト」とも称される。
最初のレコーディングは、カーマイケル楽団により、インディアナ州リッチモンドにあるゲネット・レコード(英語版)のスタジオにて行われた。元々はミディアムテンポの楽曲であったが、1928年にスローテンポのレコーディングが行われ、1930年5月16日にアイシャム・ジョーンズ(英語版)がバラードナンバーとしてレコーディングして以来、スローバラードとして定着している。1929年に、ミッチェル・パリッシュにより歌詞がつけられている。1931年にはビング・クロスビーが発表して以来、多数のヴォーカリストによって歌い継がれている曲でもある。
(セリフ)
And now the purple dusk of twilight time
そして今 紫に暮れる黄昏が
Steals across the meadows of my heart
奪っていく この草原を超え 僕の心を
High up in the sky the little stars climb
高い空には 小さな星々が昇り
Always reminding me that we’re apart 
いつも思い出させる 2人が離れていることを
You wander down the lane and far away
君は彷徨っている この道を そして遠くを
Leaving me a song that will not die
僕に残した歌は 決して止む事はない
Love is now the stardust of yesterday
愛は今 昨日の星屑
The music of the years gone by
過ぎ去りし年月の音楽
Sometimes I wonder why I spend
時々 不思議に思う 何故 僕は過ごしているのかと
The lonely night dreaming of a song
孤独な夜に 歌を夢見て
The melody haunts my reverie
その旋律は 付きまとう 僕の空想に
And I am once again with you
そして僕は再び君とともに
When our love was new
2人の愛が新しかった頃
And each kiss an inspiration
キスはいつも 歓びを与えた
But that was long ago
それも遠い昔
Now my consolation
今、僕の慰めは
Is in the stardust of a song
歌が包む星屑の中に
Beside a garden wall
庭の柵の隣で
When stars are bright
星が煌く時
You are in my arms
君はいる 僕の腕の中に
The nightingale tells his fairy tale
ナイチンゲールが告げる 彼の御伽噺
A paradise where roses bloom
楽園は薔薇が咲き誇る
Though I dream in vain
たとえ虚しい夢であろうと
In my heart it will remain
この胸の中にそれは残り続ける
My stardust melody
僕の星屑の旋律
The memory of love’s refrain
記憶は 愛の反復句
以上です (^^♪
LINEで送る