The sound of silence(卒業)

LINEで送る

Simon & Garfunkle
「サウンド・オブ・サイレンス」(The Sound of Silence)は、サイモン&ガーファンクルの楽曲。1965年にオーバーダビングされたバージョンが1966年にビルボード誌で週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1966年年間ランキングは第25位。アメリカ映画『卒業』の挿入曲として知られる。
Hello darkness, my old friend
やぁ暗闇、古くからの友よ
I’ve come to talk with you again
また君と話したくて、来てしまった
Because a vision softly creeping
なぜならある予感がそっと忍び寄り
Left its seeds while I was sleeping
僕が寝ている間に、その種を置いて行ったんだ
And the vision that was planted in my brain
僕の思考に取り付いたその予感は
Still remains
ずっと残っている
Within the sound of silence
静寂の世界の中で
In restless dreams I walked alone
途切れる事の無い夢を見ながら
Narrow streets of cobblestone
石畳の狭い通りを一人歩いた
‘Neath the halo of a street lamp
街灯のぼんやりとした明かりの下で
I turned my collar to the cold and damp
湿り気を帯びた寒さに襟を立てた
When my eyes were stabbed by
ネオンライトの輝きが
The flash of a neon light
僕の視界に突き刺さり
That split the night
夜を引き裂き
And touched the sound of silence
静寂の世界に触れた
And in the naked light I saw
裸電球の下で見た
Ten thousand people, maybe more
1万人か、それ以上の人びと
People talking without speaking
気持ちを伝えることなく会話をし
People hearing without listening
意見を聞くことなく耳を傾ける
People writing songs that voices never share
人々の声に共有される事のない歌を書き
And no one dared
誰一人として
Disturb the sound of silence
静寂の世界を破る者はいない
“Fools”, said I, “You do not know
「愚かな人達よ」僕は続けて言った、「君たちは知らないんだ
Silence like a cancer grows
静寂は癌のように蝕んでいく事を」
Hear my words that I might teach you
「君たちに伝えるこの言葉を聞いてくれ
Take my arms that I might reach you”
君たちに差し伸べるこの腕を掴んでくれ」と。
But my words, like silent raindrops, fell
でも僕の言葉は、静かに降り注ぐ雨だれのように、落ちて
And echoed in the wells of silence
静寂の井戸にこだました
And the people bowed and prayed
人々は、自分達が作ったネオンの神に
To the neon god they made
額ずき、祈りを捧げる
And the sign flashed out its warning
ネオンサインは、
In the words that it was forming
文字になって警告する
And the sign said:
それはこう伝えていた
“The words of the prophets are
「預言者の言葉は
Written on the subway walls
地下鉄の壁や
And tenement halls
安アパートの廊下に書かれ
And whispered in the sound of silence.”
静寂の世界で囁かれる」と。
以上です (^^♪
LINEで送る