Venus(ヴィーナス)

LINEで送る

Shocking Blue
「ヴィーナス」(Venus)は、オランダのロックグループ・ショッキング・ブルー(The Shocking Blue)が1969年にリリースしたシングル。作詞および作曲は、ロビー・ファン・レーベン(Robbie van Leeuwen / Robert Leeuwen)。
ビルボード(Billboard)誌の「Hot 100」では、1970年2月7日に、週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1970年年間ランキングでは第22位。ビルボード誌の集計では、ショッキング・ブルー最大のヒット曲となった。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ベルギーで、週間チャート1位を獲得した。オランダでの週間チャート最高位は、第3位だった。日本のオリコンでは最高2位(洋楽チャートでは1970年3月9日付から12週連続1位(1970年度の年間1位も獲得))。
A goddess on a mountain top
女神は山の頂きに立ち
Was burning like a silver flame,
燃えていた 銀の炎のごとく
The summit of beauty and love,
美と愛の最高峰
And Venus was her name.
ヴィーナスは彼女の名だった
She’s got it,
彼女はわかっている
Yeah, baby, she’s got it.
彼女にはわかっていた
Well, I’m your Venus,
私は貴方のヴィーナス
I’m your fire at your desire.
その欲望に火をつける
Well, I’m your Venus,
私は貴方の女神
I’m your fire at your desire.
その欲望を燃え上がらせる
(間奏)
Her weapon were her crystal eyes
彼女の武器 その水晶の瞳は
Making ev’ry man mad;
全ての男たちを狂わせた
Black as a dark night she was,
闇夜のような漆黒 そこで彼女は
Got what no one else had.
したんだ 誰もしなかったことを
Wow!
ワオ!
「②」と同じ
She’s got it,
彼女はわかっている
Yeah, baby, she’s got it.
彼女にはわかっていた
Well, I’m your Venus,
私は貴方のヴィーナス
I’m your fire at your desire.
その欲望に火をつける
Well, I’m your Venus,
私は貴方の女神
I’m your fire at your desire.
その欲望を燃え上がらせる
「②」と同じ
She’s got it,
彼女はわかっている
Yeah, baby, she’s got it.
彼女にはわかっていた
Well, I’m your Venus,
私は貴方のヴィーナス
I’m your fire at your desire.
その欲望に火をつける
Well, I’m your Venus,
私は貴方の女神
I’m your fire at your desire.
その欲望を燃え上がらせる
以上です (^^♪
LINEで送る