Lilli Marleen(リリー・マルレーン)

LINEで送る

Marene Dietrich
『リリー・マルレーン』(Lili Marleen)は、第二次世界大戦中に流行したドイツの歌謡曲。

1915年にロシアへの出征を前にドイツの詩人ハンス・ライプ(Hans Leip)が、ベルリンのある兵営の営門に歩哨に立った時に創作した詩集『Das Lied eines jungen Soldaten auf der Wacht』(邦題・港の小さな手風琴)に収録されていた詩を原典として、第二次世界大戦直前の1938年に、作曲家ノルベルト・シュルツェ(Norbert Schultze)が曲をつけた。歌手のララ・アンデルセンの1939年2月に録音したレコードが、有名になった。

1939年に発売した当初、アンデルセンのレコードは60枚しか売れなかったと言われている。しかし、販売店に山積みになっていた売れ残りのレコードから、店員がドイツ軍の前線慰問用レコード200枚の中に2枚紛れ込ませた。それが1941年の秋に初めて流され、それ以後も放送で繰り返しかけられて人気を得た[1]。第二次世界大戦下の一時期、21時57分にベオグラードのドイツ軍放送局から流れたこの歌に、多くのドイツ兵が戦場で耳を傾けて故郷を懐かしみ、涙を流したといわれている。また、ドイツ兵のみならずイギリス兵の間にも流行したため、北アフリカ戦線のイギリス軍司令部は同放送を聞くことを禁じた。アンデルセンも慰問で人気者になったが、長くは続かなかった。1942年夏、アンデルセンと親しい関係にあったロルフ・リーバーマンがユダヤ人であったことが当局に知られてアンデルセンは歌手活動が禁止され、アンデルセンの録音したレコードの原盤は廃棄される事態となる。「リリー・マルレーン」の歌と曲自体は、ヨーゼフ・ゲッベルス宣伝相の指示により別バージョンが作られた。

女性歌手によって歌われることが多い。日本ではベルリン出身のハリウッド女優、マレーネ・ディートリヒの持ち歌として知られている。第二次世界大戦当時、ナチス政権下のドイツを離れ、アメリカの市民権を得ていたディートリヒは進んで連合軍兵士を慰問し、この歌を歌った。そのため、ドイツでのディートリヒは敵側の人間(反逆者)と見なされ、戦後も不人気であった。

Vor der Kaserne,
フォア デア カゼルネ
兵舎に入る
Vor dem großen Tor
フォア デム グローセン トーア
大門の前に
Stand eine Laterne.
シュタント アイネ ラテルネ
街灯がひとつ立っていた。
Und steht sie noch davor,
ウント シュテート ズィー ノッホ ダーフォア
今もまだ立っているなら、
So wolln wir uns da wiedersehn,
ゾー ウ゛ォルン ウ゛ィア ウンス ダー ウ゛ィーダーゼーン
そこでまた逢おうよ、
Bei der Laterne wolln wir stehn
バイ デア ラテルネ ウ゛ォルン ウ゛ィア シュテーン
街灯のそばに立とうよ
Wie einst, Lili Marleen.
ウ゛ィー アインスト リリー・マルレーン
あの頃のように、リリー・マルレーン
Unsrer beider Schatten
ウンズラー バイダー シャッテン
僕たちのふたつの影が
Sahn wie einer aus.
ザーン ウ゛ィー アイナー アオス
重なってひとつに見えた。
Dass wir so lieb uns hatten,
ダス ウ゛ィア ゾー リープ ウンス ハッテン
ふたりが愛し合っているのは
Das sah man gleich daraus.
ダス ザー マン グライヒ ダーラオス
ひとめで分かることだった。
Und alle Leute solln es sehn,
ウント アレ ロイテ ゾルン エス ゼーン
それをみんなに見てほしい、
Wenn wir bei der Laterne stehn
ウ゛ェン ウ゛ィア バイ デア ラテルネ シュテーン
街灯のそばにふたりで立って
Wie einst, Lili Marleen.
ウ゛ィー アインスト リリー・マルレーン
あの頃のように、リリー・マルレーン
Schon rief der Posten:
ショーン リーフ デア ポステン
早くも歩哨の告げる声、
Sie bliesen Zapfenstreich,
ズィー ブリーゼン ツァプフェンシュトライヒ
「消灯ラッパは終わったぞ、
Es kann drei Tage kosten.
エス カン ドライ ターゲ コステン
遅れりゃ営倉三日だぞ!」
Kamerad, ich komm ja gleich.
カメラート イッヒ コム ヤー グライヒ
「分かった、すぐに戻るから」
Da sagten wir „Auf Wiedersehn!“.
ダー ザークテン ウ゛ィア 「アオフ ウ゛ィーダーゼーエン!」
そこで僕らは別れを告げた。
Wie gerne wollt ich mit dir gehn,
ウ゛ィー ゲルネ ウ゛ォルト イッヒ ミット ディア ゲーン
きみと一緒に行きたかったのに、
Mit dir, Lili Marleen.
ミット ディア リリー マルレーン
きみと一緒に、リリー・マルレーン
Deine Schritte kennt sie,
ダイネ シュリッテ ケント ズィー
街灯は知っている、きみの足音を
Deinen schönen Gang,
ダイネン シェーネン ガング
きみの美しい歩き方を、
Alle Abend brennt sie,
アレ アーベント ブレント ズィー
街灯は毎夜灯をともすが、
Doch mich vergaß sie lang.
ドッホ ミッヒ ウ゛ェアガース ズィー ラング
僕のことはとっくに忘れた。
Und sollte mir ein Leids geschehn,
ウント ゾルテ ミア アイン ライト ゲシェーン
もしも僕に何かあったら、
Wer wird bei der Laterne stehn
ウ゛ェア ウィルト バイ デア ラテルネ シュテーン
誰があのそばに立つのだろう
Mit dir, Lili Marleen?
ミット ディア リリー・マルレーン?
きみと一緒に、リリー・マルレーン
Aus dem stillen Raume,
アオス デム シュティレン ラオメ
この静かな場所から、
Aus der Erde Grund
アオス デア エアデ グルント
暗い地の底から
Hebt mich wie im Traume
ヘープト ミッヒ ウ゛ィー イム トラオメ
夢のように僕を呼び戻す
Dein verliebter Mund.
ダイン フェアリープター ムント
きみの愛のささやきが。
Wenn sich die späten Nebel drehn,
ウ゛ェン ズィッヒ ディー シュペーテン ネーベル ドゥレーン
夜霧が深く立ち込めるとき、
Werd ich bei der Laterne stehn
ウ゛ェアト イッヒ バイ デア ラテルネ シュテーン
僕は街灯のそばに立とう
Wie einst, Lili Marleen.
ウ゛ィー アインスト リリー・マルレーン
あの頃のように、リリー・マルレーン
以上です (^^♪
LINEで送る